人間関係

【23歳で結婚】結婚式を挙げるメリットについて【解説します】

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

今回は23歳で結婚式を挙げた私が、結婚式を挙げるか悩んでいる方の悩みを解決していこうと思います。

先日このようなツイートをしたら、お祝いのリプやいいねをたくさんいただくことができました。


凄くうれしくて、皆さんの温かみを感じることができました。

本当にありがとうございます。

話を戻します。

私の結論ですが、結婚式はした方が良いと思っています。

そして、23歳で結婚式を挙げるとなると問題や悩みの種が出てくると思います。

その原因ていうのは大きく分けて以下の3つです。

①金銭的問題

②結婚式を挙げるメリットってなに?

③結婚式をする準備にはどれくらいの手間がかかるのか

今回は②結婚式を挙げるメリットについて解説していきます。

とは言えお前誰だよ。と言う意見が聞かれると思うので、簡単に私の自己紹介したいと思います。

どーの先生とは

・保育士歴(社会人歴)3年目

・H31.4.22に、5年間交際していた彼女と結婚式を挙げた

・結婚式反対派だったが、考え方を改めることができた

と言った具合に結婚式を通して、心境に変化が合ったのでそのことにも触れていきます。

結婚式をして良かったことや女性目線の話は、うちの嫁さんに話を聞きながら書いていこうと考えてます。

前書きが長くなりましたが早速本題に入っていきましょう。

結婚式を挙げるメリットってなに??

私の経験を元に結婚式を挙げるメリットを解説していきます。

繰り返しますが、私は結婚式をしなくてもいい派の人間でした。

ですが、結婚式を行ったことで心境に変化が現れたました。

そんな私が結婚式をして良かったなと感じることは

①色々な人から祝ってもらえること

②嫁さんと幸せな時間を作ることができたこと

③嫁、自分の家族が揃って祝福できたこと

つまり、楽しくて事や嬉しいことをみんなで共有することができると言うことです。

どーの先生
どーの先生
次はこれらについて具体的に解説していきます。

色々な人から祝ってもらえる

結婚式を挙げると、参列した友人や家族から祝福されると思っていますが、実はそんなことはありません。

式場の人や、参列できなかった友だち、遠い親戚、職場の人たち。

多くの人たちから「楽しんできてね。」や「おめでとう」と言った言葉をもらうことができます。

実際に私も職場の人からこのような言葉をかけられ、恥ずかしながら「ありがとうございます。」と言った記憶があります。

こういった話をすると、結婚っていうのは人生の一大イベントだし、色々な人から祝福されるものだ!わざわざ、結婚式をしなくても祝いの言葉はくれるだろうという意見が聞こえてくるかと思います。

これもおっしゃる通りで、人前に立ち祝福されてこと無い私もこのように思っていた時期があり、「結婚式とかお金の無駄」や「人前でとか恥ずかしい」と思っていました。

ですがいざ人前で祝福されると、思っている気持ちが良いというか、人と関わって祝福される温かみを感じることができ、これからの人生について実感が持てるようになりました。

私たちは8月には第一子が生まれ、これからが大変な時期です。

多分2人の時間って言うのは凄く減ると思うし、色々な問題が起こると思いますが、結婚式を思い出し、リセットされるような気がしています。

色々な人から祝福さえることによって、より一層パートナーと頑張っていこうと思えるようになります。

嫁さんと幸せな時間を作ることができる

結婚式や結婚をするには

①結婚式場を選ぶ

②打ち合わせを2回する

③衣装合わせをする

④両方の親に挨拶をする

⑤両家顔合わせをする

⑥招待状を書く

⑦出欠確認をする

など、大きく分けて7項目のことをしなければいけません。

これらはさらに細分化され気付けば毎日がバタバタの連続でした。

簡単に具体例を挙げると、打ち合わせの時間を決めたり、顔合わせの時間の調整をしたり、招待状送ったり(郵便局に行かなければならない)など多方面に渡ります。

さらに、大きなお金が動くので成功させたい。かなり気疲れみたいなものも起こしてしまいます。

ですが、これらを補ってくれるだけのパワーが結婚式にはありました。

どーの先生
どーの先生
人嫌いな自分でさえ「もう一回したいな」と口にし、嫁さんにビックリされました。
嫁
そう言ってもらえて本当に嬉しかったよ♡

もう一回したいと聞いたときは凄くびっくりした気持ちもあったけど、楽しい思い出になったし、2人の絆を感じることができて幸せでした。

このような話をすると、結婚式にこんなに時間とお金をかけて思い出を作らなくても良いのではないか?という意見もあるかと思います。

それもおっしゃる通りなのですが、この嫁さんと幸せな時間を作るのは2人だけのものではなくて、家族も親族も友だちもみんなが共通して持つことができる唯一のものです。

それができるのは、結婚式しかないと感じました。

嫁
女の子はウェディングドレスに凄い憧れを持っています。 ウェディングドレスが着れて、自分が主役なんて人生で一度きりの経験かも知れないので絶対にしていて損はないです!!

ちなみに私は結婚式場をハナユメ

で探したよ。迷っている人は今すぐチェックしてね♡

嫁、自分の家族が揃って祝福することができたこと

先ほどの繰り返しになるのですが、結婚する家族全員が揃って祝福することもメリットだと思います。

2人の家族が全員揃うのって多分、顔合わせの時と、結婚式の時くらいですよね?

今まで、自分たちのことを育ててくれた両親に大人になった姿を見て貰える舞台としては一番最高な場面なのではないかと思っています。

式場では両家が揃って始めて写真を撮ることができたし、うちの親は泣いていました(笑)

親にも安心感を与えることができたのではないかと思います。

どーの先生
どーの先生
周りを見渡す余裕はなかったけれど、親の泣き姿はすぐにわかりました。

ここまで育ててきてくれてありがとう。と感謝の気持ちが凄くこみ上げてきました。

そして、少しでも嫁さんのことを大切にしたいと感じ、幸せにできるように努力します。

まとめ

今回は結婚式を行うメリットについて解説してきました。

23歳で結婚式を挙げる時の問題や悩みは以下の3つが挙げられました。

①金銭的問題

②結婚式を挙げるメリットってなに?

③結婚式をする準備にはどれくらいの手間がかかるのか

その中でも今回は②の結婚式を挙げるメリットについてフォーカスして話してきました。

結婚式を通して感じたメリットは

①色々な人から祝ってもらえること

②嫁さんと幸せな時間を作ることができたこと

③嫁、自分の家族が揃って祝福できたこと

この記事を見に来ている人は結婚式に前向きな人ばかりだと思うので、自分たちの資金や予定に合わせて、楽しい思い出になる結婚式にしていただければ良いなと思います。

どーの先生
どーの先生
結局最終決定をするのは自分たちなので、楽しむことを目的にプランを組めば良いと思います。

工夫次第で安くも組めるし、ゴージャスにすることもできます。

嫁
私は子どもが生まれるし、予算もあまりないから結婚式はできずに数年後、「結婚式したかったな」と後悔しているのかなと思っていました。

だけど、挙式だけでもすることができてとても嬉しかった。

ほんとに最高の思い出になりました。

結婚式ができなくて後悔するなら、まずは相談だけでもしてみたら??

私はハナユメを見て調べたよ♡

最後まで見ていただきありがとございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。