子育て・保育

【幼稚園実習】実習の目的と有意義な実習を送るために方法を解説

んにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事を見てくれていると言うことは、このようなことでお悩みではないでしょうか?

・もうすぐ幼稚園実習があってだるいな

・保育士になりたいのに、幼稚園の実習を受ける意味あるの?

・どうしたら有意義な実習を送れるの?

多分上記のことが気になっていることでしょう。

どーの先生
どーの先生
今回はこのような悩みを解決していこうと思います。

今回の結論と言いますか私の主張は、幼稚園実習を有意義なものにするには、3つのポイントを押さえておけばいいということです。

そのポイントとは、大きく下記の3つが挙げられます。

・保育園との違いを見つけること

・4~5歳の発達段階や、行動を理解しておく

・幼稚園の特性を理解しておく

これで終わります。と言ってもいいのですが説明として不十分ですので、上記のことを詳しく解説していきます。

とは言えお前誰だよ。と反論が来そうなので簡単に自己紹介をします。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・専門学校時代、幼稚園で実習をした

・今は障がい児にかかわる仕事をしている

・2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

幼稚園などは少しわからないこともありますが、子どものことに関しては多少経験がありますので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では、今回の私の主張である3つのポイントについて説明していきます。

その前に、簡単な幼稚園実習の目的について話しします。

幼稚園実習の目的

幼稚園は学校教育の基礎となる土台作りを目的としています。

はさみを使う、絵を描く、遠足に行くなど、これらの保育内容から学校教育法における5領域を学んでいきます。

5領域とは健康、人間関係、環境、言葉、表現です。
各項目にはそれぞれ細かく規定がありますが長くなるので割愛します。
詳しく知りたい方は5領域で検索してみてください。

これら5領域を踏まえて、学校教育法第77条にある「幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長すること」を目的として学習面を中心に保育を展開していくこと。

このことが幼稚園教育における目的であり、幼稚園実習で学びたいことです。

どーの先生
どーの先生
嚙み砕いて説明すると、保育園と違い勉強が中心なので、違いをしっかりと理解しましょうということです。

有意義な実習を送る方法

幼稚園教育の目的や幼稚園実習の目的がわかったところで、有意義な実習を送る方法を解説します。

基本的に下記の3つを押さえておけば、大丈夫です。

・保育園との違いを見つけること

・4~5歳の発達段階や、行動を理解しておく

・幼稚園の特性を理解しておく

なるほど、これらを理解していればいいのね。と、この文だけでは理解しずらいと思うので、具体例を出しつつ、話を深掘りしていきます。

保育園との違いを見つけること

私は先に幼稚園実習に行ったので、保育園との違いっていうのをあまりわかりませんでした。

ですが、保育園実習中に振り返りをすると、ねらいや支援方法に多少の違いが出てきていることに気が付きました。

幼稚園の場合

・子どもの気づきから、話を膨らませていって、子どもの新しい発見を導く→理解や考える力を養う

保育園の場合

・子どもの気づきから、話を膨らませて、生活に必要なコミュニケーションスキルを獲得する

どーの先生
どーの先生
少し難しい話になりましたが、100文は一見に如かずということで、体験してみてください。

4~5歳の発達段階や、行動を理解しておく

認定こども園を除き、基本的な幼稚園は3~5歳の子どもたちが登園されています。

ですが、3歳児って言うのは登園して間もないため、実習に入ることはあまりない考えられます。

理由としては、先生たちも子どもたちのことを完全に理解しているわけではないなど、色々な理由が考えられます。

なので、幼稚園実習の際は4~5歳の子どもの発達段階や行動を理解しておくと、スムーズに活動に入りやすいことでしょう。

どーの先生
どーの先生
補足として、実習が10月など遅めの場合は3歳児クラスも十分に考えられます。

幼稚園の特性を理解しておく

最初の章でも述べていますが、あくまでも幼稚園は教育を目的とした保育を行っています。

なので、保育園と違うところは多少なりとも出てきます。

保育園実習については下記を参考にどうぞ

保育園と幼稚園の違いをしっかりと抑えて実習に臨むことで、さらに有意義な時間にすることができると思います。

どーの先生
どーの先生
保育園実習を先に行っていると、保育園との違いをかなり感じることができ、ここはこうするんだみたいな感じの気づきが得られるかも。

最後に1つ補足しておくと、保育園も幼稚園も取り組んでいる活動自体に違いはありません。

あくまでも、保育者の動きや働きかけ、ねらいや目的が違うのです。

このような反対意見にお答えします

こういった話をすると反対意見というか反論としてこのようなことが聞かれると思います。

・保育園実習にまだ行っていないし、実習自体初めてです。

・認定こども園に実習になったので、乳児さんもいる時はどうすればいいですか?

次はこの意見についてお答えしていきます。

保育園実習にまだ行っていないし、実習自体初めてです

その場合は違いを意識する必要はないです。

保育園実習に行くときに、幼稚園との違いを感じることができればいいと考えています。

私も最初に幼稚園実習を行っているので、最初から深く理解していたわけではありません。

まずは実践を通して、保育とは何か、幼稚園教諭とは何か、どのような仕事なのかを理解することができればいいと思います。

そこから自分の進路を考えたり、自分は子どもにどのようなことをしてあげたいのかを考えたり深く追求していくことができるでしょう。

どーの先生
どーの先生
深い話をしてしまいましたが、初めての実習の場合は何も考えずにひたすら楽しむことを目標にすればいいです。

認定こども園に実習になったので、乳児さんもいる時はどうすればいいですか?

すみません。認定こども園で働いたこともなければ、実習したことがないのでわかりません。

とは言え、今の自分ならこうするかな。と言うことをお伝えすることはできるので、そのことについて話します。

まずは、子どもの活動についてよく観察します。

今は幼稚園のことをしているのかな?保育園のことをしてるのかな?みたいな考察を立てます。

そして、振り返りの時に考察が確かなのかを確認し、その時感じた疑問をぶつけていきます。

どーの先生
どーの先生
多分ですけど、先生たちもまだまだ困惑していると思うので、あまり深く考えず取り組んで大丈夫だと思います。

まとめ

今回は幼稚園実習を有意義に過ごす方法を解説してきました。

主張を繰り返すと、幼稚園実習を有意義なものにするには、3つのポイントを押さえておけばいいというものでした。

・保育園との違いを見つけること

・4~5歳の発達段階や、行動を理解しておく

・幼稚園の特性を理解しておく

最後に、子どもにかかわる仕事の今後について話をして終わりにしたいと思います

今は時代が変わり、幼稚園のニーズは減少傾向にあります。

私の地元は大阪なのですが、幼稚園側に対して認定こども園にしなければ、助成金を出さないといわれて渋々承諾している園もあると聞いたことがあります。

それだけ幼稚園の風当たりは厳しい現状にあり、公立の幼稚園の先生でもかなり不安とおっしゃっていました。

だからこそ、子どもの仕事にかかわる仕事をしたいのであれば幼稚園だけにするのではなく、幅広く活躍できるようにしていくのがいいのではないかと感じています。

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。