子育て・保育

【幼児期の子どもとの関わり方】 関わり方1つで成長は違います

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事を見てくれていると言うことは、このようなことでお悩みではないでしょうか?

・初めての子育てで少し不安だな

・新卒保育士で少し不安だな

嫁
幼児期になると、意思疎通ができるようになってきて関わり方が少し複雑になるよね。

どーの先生
どーの先生
今回は私の体験談を元に、幼児期の子どもとの関わり方について詳しく話していこうと思います。

早速今回の結論。

子ども主体で関わることが1番大切。

このような主張をしてもお前誰?とか、こいつの話は信用できるのか?と反論が来そうなので簡単に私の自己紹介をしていきます。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・2年目より保育リーダーとして活躍している

・発達支援施設で保育士として働いている

・2年間で、50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

このような経験をしているので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では、今回の結論である子ども主体で関わることが1番大切。について詳しく解説していきます。

子ども主体で関わるには、家庭環境を整えてあげることも重要です。

下記ではこれらについても解説しています。

子ども主体で関わることで成長に差が出ます

繰り返しになりますが、子ども主体で関わることが1番大切です。

その理由として挙げられるのは下記の通りです。

・自己肯定感が育たないから

・大人との信頼関係が築けないから

・考える力が育たないから

これらのことは子どもが成長していく上で、とても重要なことですので必ず押さえておきましょう。

とは言え、これだけ聞いてわかった。と納得のできる人はごく少数派でしょう。

多分、だまされていると感じる人がほとんどだと思います。

ここでは具体例を出しつつ、話を深掘りしていきます。

自己肯定感が育たないから

子どもが成長していく上で、特に重要視されているのが自己肯定感です。

自己肯定感が低い子どもが陥りやすい思考として挙げられるのは、下記の通りです。

・自分はやってもできないと口にする

・何事にも消極的になってしまう

・苦手なものが出てくると、表情が暗くなる

他にも色々なことが挙げられるのですが、今回は3つピックアップしてみました。

上記の話を見るとマイナス思考な印象を受けますよね。

では逆に、自己肯定感が高いとどうなるのでしょうか?

自己肯定感が高い子どもの特徴をまとめてみました。

・何でもやってみたい!と口にする

・何事にも積極的に取り組むことができる

・表情が明るく、色々な人から好かれる

上記の話をまとめると、プラス思考の人間になれるということです。

大人との信頼関係が築けないから

子どもが成長していく上で、大人との信頼関係を築くと言うことは必須項目です。

それはなぜか。

下記の理由から説明することができます。

・大人に守って貰いながら成長するから

・大人から色々なことを教えてもらうから

上記2つですね。

考えてみれば当たり前のことなのですが、子どもが1人で成長していくことは不可能です。

ですが、子どもは賢いもので、自分の信頼している人の話しか聞きません。

少しだけ例を挙げてみますね。

・両親

・保育園の先生

・祖父母

身近なところで言うとこのあたりでしょうか?

保育園の先生なんかは、子どもが嫌いと思ってしまうと、言うことを聞かなかったりしませんか?

もし仮に聞いているとしても「あの先生は自分のことをわかっていない」なんて言っていると思います。

繰り返しになりますが、子どもが成長していく上で大切なのは、大人との信頼関係を築く力です。

考える力が育たないから

社会に出て必要な力は考える力です。

子ども時代はあまり必要と思わないかも知れませんが、それは違うと感じています。

・~はしてはいけない

・~はしてもいい

このように子どもたちに伝えている大人は凄く多いですが、はっきりと言って二流です。

これではどうしてしてはいけないのか、そうしてしてもいいのか理由が分かりません。

理由がわからなければ、教えられていることをただ行っているだけのロボットと同義です。

そうではなく、どうしてしてはいけないのかを子どもと一緒に考え、考える力を育てることで、その後の子どもの成長は変わります。

考えられる反対意見にお答えします

こういった話をすると色々な反対意見が聞かれると思いますので、反対意見について解説していきます。

質問されそうな反対意見は下記の通りです。

・失敗したらどうするの?

・活動に参加できないときはどうするの?

・こちらの言うことを聞かないときはどうするの?

では次はこれらの反対意見について、順番にお答えしていきます。

失敗したらどうするの?

子どものうちに失敗したらどうするの?

私が働いている施設でもよく聞かれるの質問なんですが、失敗することって悪いことではないと思います。

はっきりと言って、失敗しないで育ってしまうと、失敗することを怖がってしまい何もできません。

どーの先生
どーの先生
世の中で言う指示待ち人間なんかがその類いです。

失敗したくない、失敗することが怖い。

その思考の奥にあるのは、失敗したら信頼を失うとか、どうやって立て直せばいいのかわからない。

こういうことだと感じています。

小さいときの失敗なんて幾らでもフォローすることができます。

なので、小さいときから色々なことに挑戦し、成功体験と失敗体験を積むことが、本当に大切なことではないかと感じます。

どーの先生
どーの先生
大きく成功している人も、たくさん失敗しています。

何よりも大切なのは、やってみようと思う意思です。

活動に参加できないときはどうするの?

保育園や幼稚園に入ると集団行動が出てきます。

要は人並みあわせて活動しましょうね。と言うことなのです。

強制するのはあまり良くないことですが、自分は割と参加できるように促していきますね。

子ども主体で関わるとは言いましたが、人が生きていく上で最低限の社会スキルって言うのは必要だと思うので。

それこそ、集団行動が嫌なのであれば子どもなりに考えると思います。

実際に私が働いている施設でも、「お腹が痛い」と言ってトイレに逃げる子どもがいます。

それはそれで、彼らなりの考えた結果であり行動なので、咎める必要はなくていいと思っています。

あまりにも長いと呼び戻しますが。

こうやって子どもの行動を認めてあげることも、信頼関係を作っていく上で大切なことです。

どーの先生
どーの先生
子どもの気持ちを引き出し、行動させることは認めることに繋がります。

頭ごなしにダメ!と言ってしまうと、それが深い落とし穴だったりします。

こちらの言うことを聞かないときはどうするの?

信頼関係ができていたとしても、こちらの言うことを聞かないことがあると思います。

そんなときに私が取る行動として、約束をすると言う方法があります。

簡単に説明すると、子どもの主張を飲む代わりに、こちらの主張を飲んでもらうという方法です。

年齢によって、こちらの主張は変わるのですがこの方法をとることで、自分の気持ちを理解してもらえた。と子どもは思います。

そして、こちらの提案に子どもが納得する事で、共通理解が深まります。

これは信頼関係を築く上で1つの大切なコミュニケーションであり、ルールを守る大切さを伝えることにも繋がります。

些細ことかも知れませんが、こうした積み重ねが子どもの成長を大きく促すのです。

どーの先生
どーの先生
コミュニケーションを取る方法としておすすめしているのは絵本です。

月に1冊以上購入している私が厳選した絵本を紹介しています。

子ども主体で関わることが1番大切

結局のところ、幼児期の子どもと関わる時は子ども主体で関わることが1番大切です。

その理由を繰り返すと下記の通りです。

・自己肯定感が育たないから

・大人との信頼関係が築けないから

・考える力が育たないから

口酸っぱく言われてもう良いよ。っと思うかもですが、それだけ大切なことですので頭に入れておいて下さい。

そして、子ども主体的に関わるときの注意点として、下記のことは配慮しましょう。

・決して甘やかすのではない

・主体という意味をはき違えない

注意しなければいけないことは注意点しなければいけないし、やらないといけないことはやらなければいけません。

その線引きが難しいですが、経験を積みながら学んでいきましょう。

私の価値観がすべて正しいわけではありません。

盗むものは盗み、真似しないことは真似しない。

それでいいです。

この記事を読み、新しい一歩を踏み出してくれたら幸いです。

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。