人間関係

【新卒必見】会社で早く出世する方法は3つしかありません

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事を見てくれていると言うことは、このようなことでお悩みではないでしょうか?

・早く出世して、上司を追い抜きたい

・早く出世して、給料アップしたい

・早く出世して、認められたい

嫁
男性だと早く出世して、結婚したり、世間から認められたいとか色々思うよね。
どーの先生
どーの先生
今回は、新卒3年目で4万円の昇給を勝ち取った私の昇給テクニックを紹介します。

早速今回の結論。

会社で早く出世する方法は3つしかないと断言します。

とは言え、このような主張をしてもお前誰?とか、こいつの話は信用できるのか?

と反論が来そうなので簡単に私の自己紹介をしていきます。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・社会人歴3年目にして、4万円の昇給を勝ち取っている

・発達支援施設で保育士として働いている

・2年間で、50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

このような経験をしているので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では、今回の結論である会社で早く出世する方法は3つしかないと断言します。について詳しく解説していきます。

どーの先生
どーの先生
今回の話に関しては、割と根気が必要です。

継続し続ける力がある人のみ見ていただけると参考になると思います。

会社で早く出世する方法は3つしかないと断言します

会社で早く出世したいと感じている人は多いと思います。

人それぞれ色々な理由があると思いますが、出世するために方法は下記の3つしかないと私は感じています。

・会社の弱点・弱みを見つける

・自分にしかできないオリジナル武器を身につける

・とにかく行動する

今の会社の社長とは割と話をする機会が多いので、社長の考え方を紹介しつつ、具体例を出して解説していきます。

下記では、2年目になって昇給した金額を載せています。

具体的な数字を載せていますので、信頼性の担保になると思います。

会社の弱点・弱みを見つける

私は中小零細企業の社員(保育士)として、発達障がいを持っている子どもたちと関わっています。

保育士ですから子どものことを中心に仕事をするのですが、実はそれ以外のところでも評価を得て、昇給することに成功しています。

私の持論になるのですが、ほとんどの社員は会社から言われた仕事しかできません。

大切なことのでもう一度お伝えしますね。

ほとんどの社員は会社から言われた仕事しかできません。

ということは、ほとんどの会社員は、問題点を見つける能力がないし、問題を解決する力もありません。

実はここが、社長が求めている優秀な人材だったりします。

社長は自分の会社の弱点・弱みを知っています。

しかし、多忙を極めるため、どうしても弱点・弱みの解決を他の社員に解決してもらおうと思っています。

どーの先生
どーの先生
これは社長から直接聞いた話です。

自分ができないことを解決してもらえる人材を探しているとのこと。

ここには年齢や学歴は一切関係ないとおっしゃっています。

だからといって、こういった話は社長から言われることはありません。

何故なら、「できない」と答えられるのが目に見えているからです。

逆にこちらから、「社長、この会社は△△が弱いですよね。○○をして改善していこうと思うのですがどうでしょうか?」

みたいな感じで話をすると、こいつやるなぁ。と社長から評価されます。

こうした方法で、解決案を出しつつ行動していくことで、昇給を勝ち取っていくことができます。

どーの先生
どーの先生
こうやって会社の弱みを見つけることができる人材は、どこの企業も欲しています。

自分にしかできないオリジナル武器を身につける

最初からいきなり社長と話をするのは難しいですよね。

そのようなときは、自分だけのオリジナル武器を作り、上司に認められるという方法が効率的です。

どーの先生
どーの先生
上司というのは社長ではなく、部署のトップとか、部長、課長、先輩のことです。

とは言え、認められるためにはかなりの時間と努力が必要になります。

しかし、1年間そのことにコミットして、レベルを上げていくことができれば不可能ではありません。

そうしておきながら、その部署の弱点・弱みを調べて改善していくことで、上司から社長まで話が通り、昇給するという方程式が成り立ちます。

では具体的に私がこの2年間で行ってきた改革を紹介します。

音楽を使った活動で子どもたちに楽しい時間を提供すること。

子どもへの支援方法の統一。

保育の質の向上。

正直、新卒1年目保育士の話など誰も聞いてくれません。

しかし、こういった話を継続して行っていくこと、訴えかけ行動をすることによって変えていくことはできます。

こういったスキルを磨くことで、早く出世することができます。

どーの先生
どーの先生
並みの努力ではいけません。

根気強く、コツコツ継続していきましょう。

とにかく行動する

どんだけ良いことを言っても、行動しなければ意味がありません。

口だけ良いのであれば誰でもできます。

しかし、口で話したことを行動に移せる人となると、ごくわずかです。

そのような人の心理を知っているからこそ、私が働いている社長は行動できる人を凄く重視しています。

とは言え、社長という立場上、誰かをひいきすることはできない。ともおっしゃっていました。

自分の立場などもありますが、とにかく行動することができる人は出世しやすいと言えます。

どーの先生
どーの先生
結果が出てしまえば、ひいきすると言うよりは正当な評価を下す。

と言うことになるので、周りの社員から文句が言われなくなります。

反対意見にお答えしていきます

こういった話をすると色々な反対意見が聞かれると思います。

今回はこちらで考えられる反対意見をピックアップして、お答えしていきます。

考えられる反対意見は下記の通りです。

・そんなことができるのは少数

・まずは他の仕事を覚えることが先決だ

これらの意見はごもっともなのですが、私なりの意見を交えつつ、疑問にお答えしていきます。

どーの先生
どーの先生
この考えではいつまでも成功しないと思っているので、考えを改めましょう。

そんなことができるのは少数

よく考えるとわかるのですが、その少数派の中に入ることができなければ昇給を勝ち取ることができません。

何故なら、ほとんどの人が今のあなたと同じようなことを考えているからです。

あいつは特別だ。と思っている時間があるならば、違うことに脳みそを使っている方が100倍有意義ですよ。

どのような方法を用いて自分の価値を高めるのか。

どのようにしたら会社から評価される人間になれるのか。

この2つを意識して働くことで、ある程度問題点が見えてきます。

ここまでできれば後は、行動するだけなので勇気を出して前に進みましょう。

最初の方は変なやつ。というレッテルを貼られますが、割とすぐに慣れます。笑

どーの先生
どーの先生
変なやつが成功するのはそういうことだと思います。

周りと同じことをしていても、誰の目にもとまりませんよ。

まずは他の仕事を覚えることが先決だ

この意見もおっしゃるとおりですが、誰でもできる仕事を覚えるメリットはあまりないと感じています。

何故なら、誰でもできるからです。

誰でもできると言うことは、その仕事に価値を生み出すことは難しいですよね?

新人ならば他の人がやっている雑務を覚えることも必要なのかも知れませんが、そのことに長い時間を使っているようでは二流です。

雑務はササッとできるようになって、問題点を見つける能力を高めましょう。

もし雑務をして余裕があるようなら、雑務自体を改善できないか考えるのも手だと思います。

小さな信頼の積み重ねが、大きな力の第一歩になります。

どーの先生
どーの先生
少しレベルが高い話ではありますが、やる気さえあれば誰でもできますよ。

会社で早く出世する方法の基礎は3つだけ

今回は会社で早く出世する3つの方法を解説してきました。

その中で必要な力は下記の3つだけですので、しっかりと意識をして行動しましょう。

・会社の弱点・弱みを見つける

・自分にしかできないオリジナル武器を身につける

・とにかく行動する

私はこの方法を用いて、新卒時の給料と比べて4万円の昇給を手にすることができています。

4万円昇給すれば、生活は結構楽になったり、やりたいことができるようになったりします。

また、同い年の人の収入と比べても劣っていると感じることがないので、自信が持てます。

自信が持ていると言うことは、さらに新しいことに挑戦できるようになり、また結果が出るようになります。

こうした勝ち組の習慣がつくことによって、出世していくという確信が持てています。

どーの先生
どーの先生
会社が悪いとか、上司が悪いと嘆く前に、まずは自分の行動を見直しましょう。

案外、できない社員と同じことをしていることに気付きますよ。

最後まで見ていただきありがとうございました。


保育士ランキング

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。