人間関係

社会人生活はつらいですが、楽しむ方法を伝授します【体験談】

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事を見てくれていると言うことは、このようなことでお悩みではないでしょうか?

・先輩口うるさくてウザいよな

・就職してから楽しいこと無いよ

・社会人楽しくない

多分上記のことが気になっていることでしょう。

どーの先生
どーの先生
今回はこのような悩みを解決していこうと思います。

早速今回の結論。

他人は他人と割り切り、自分の好きなことを見つけよう。

これで終わります。としてもいいのですが、これだけでは説明として不十分なので、詳しく解説していきます。

とは言えお前誰だよ。と反論が来そうなので簡単に自己紹介をします。

どーの先生とは

・社会人歴3年目

・社会人生活を楽しむことができている

・夢に向かって毎日取り組むことができている

このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では今回の結論である、他人は他人と割り切り、自分の好きなことを見つけよう。について話していきます。

社会人生活を楽しむには、他人は他人と割り切ることが重要

くどいようですが、私の主張を繰り返します。

社会人生活を楽しむには、他人は他人と割り切り、自分の好きな好きなことを見つけるのが大切です。

ではどうしてこのような主張が出てくるのか。それは下記の理由から説明することができます。

・上司の大半は、何の努力もしていないカスです

・好きなことを見つけることで、楽しく過ごすことができる

・好きなことが仕事になれば、ストレスを感じにくくなる

多分大半の人って言うのは、納得してくれていると思います。

しかし、わかっていても行動できないと言いますか、変われていないのが現状だと思います。

自分がどのようにして変わることができたのか、少し具体的な方法を解説しつつ、話を深掘りしていきます。

具体例を出しつつ解説します。

私がこの3年間社会に出て働き、感じたことは下記の通り。

・自分より年齢が高くても能力が高いとは限らない

・言われた仕事しかできない人が多い

・無駄に自分は仕事ができていると思っている

結構辛口コメントしていますが、割とガチで思っています。そして、仲間意識があるように見えて、実は自己中だということです。

このような社会に嫌気がさした結果、他人は他人と割り切り、自分の好きな好きなことを見つけるて楽しもうという考え方に至ったのでした。

もう少し話を深掘りして、具体例を解説していきます。

自分よりも年齢が上だからと言って、能力があるとは限らないという話

私は今、30なかば~40後半の人たちと仕事をしているのですが、変化を嫌うと言いますか、新しいことは全くしません。

自分の決まっている仕事はこなすけど、新しい仕事が降ってくると人に押しつけたり、文句を言ったりしています(笑)

そして、ミスが起きると「○○か悪い」と人に責任を押しつける。

反論しようものなら、お昼休憩の時間に愚痴大会・・・。

休憩もろくにできないのかと思う始末です。笑

この記事を見に来ている人って言うのは、このような上司に結構やられている人が多いと思います。

そこで私からのアドバイスなんですけど、このような人たちはアホなので無視していて大丈夫です。

どーの先生
どーの先生
私もよく使う方法で、話は聞くけど右から左的な?

読書をして聞いていないふりをするというか、その問題に対して関わりません。

それだけでかなり負担軽減されます。

YouTubeや読書をすることで、価値観や考え方が変わった話

読書はともかくYouTubeで価値観変わるとか意味わからん。という人もいると思いますので、詳しく解説していきます。

・あおば会計 田中さんYouTube

・もふもふ不動産Twitter)(YouTube

・マナブさんTwitter)(YouTube

上記3名って言うのは、ビジネス系YouTuberと言いますか、人の考え方を変えさせてくれる為になる話をしてくれています。

私も昔はバラエティー系のYouTuber(HIKAKINさん、はじめしゃちょーさん)とかを見ていたのですが、これじゃ人生変わらないなぁと感じ、シフトしていきました。

昔はスマホゲームもしていて、休みの日は没頭していましたが、今では全くしていません。

どーの先生
どーの先生
人を変えることはできませんが、自分を変えることはできます。

そして、この考え方の根底を作っているのは間違えなく読書でして、読書は本当に素晴らしいです。

色々な人が言っていると思いますが、読書をするだけでは行動をかえることはできません。

このままではいけないと感じ、行動を変えていった話

自分の人生と言いますか、行動を変えるきっかけを作ってくれた本を紹介します。

このままではいけないなぁと感じ、行動を変えるにはどうしたらいいのかを考えたときに、書店で見つけた本です。

今の自分を作ってくれた核になる本で、1分でできることから、その1分を積み重ねる大切さが書かれています。

この本を読んで、筋トレを開始。

FPの資格取得を目指して勉強。→挫折

会社から独立する方法を考え始める。

この本に出会い、1人会社できるビジネスを考え始める。

YouTubeでイケハヤさんやマナブさん、もふさんなど、ブログ成功者が出てくる。

ブログ、Twitterを開始する。←いまここ

こんな感じで物事が進んでます。

どーの先生
どーの先生
1冊の本との出会いから、ここまで行動できるようになるなんて、本当に不思議だなぁと感じつつも、このチャンスを生かすために鬼の継続をしています。

人が変わるきっかけはいつ起こるかわかりませんが、チャンスを見つけたらすぐに取り組むべきだと感じていて、年齢も関係ない。

本当に必要なのは、変わりたいという意思だと思います。

反対意見

こういった話をすると、下記のような反対意見があると思います

・上司に逆らうのは気が引ける

・仕事場での関係を崩したくない

・自分の好きなことを見つける時間すらない

このような反対意見に答えていきます。

上司に逆らうのは気が引ける

こいつ仕事もできないくせに、グチグチうるさい。と思う上司は自分よりアホなので、こっちが気を遣うことはないです。

本当に自分の方が会社から必要とされている人材なら、さらに上の人がかばってくれたり、相談に乗ってくれたりしているハズです。

私はありがたいことにたくさんの人に守ってもらいました。

そのおかげで今の自分があります。

どーの先生
どーの先生
その上司もできるようになれば文句などは言わないので、まずは自分が変わるところから。

そして、認められる努力をしましょう。

会社の評価を挙げるのは結構簡単ですよ。

仕事場での関係を崩したくない

深く関わらなければ、関係が崩れることはありません。

そもそも、職場の人と深く関わる必要はあまりないですよ。

よっぽど自分が尊敬できる人なら別ですが、この記事を見ている人は、上司はアホだと思っている人が大半なので、崩せばいいというのが私の見解です。

どーの先生
どーの先生
働きにくくなれば職場を変えればいいだけですし、そもそも上司は職場の関係が崩れるのを恐れる傾向にあるので、簡単には壊れません。

自分の好きなことを見つける時間すらない

今回私が見つけたのは、YouTube、読書、ブログでしたがそもそもの問題点として、どうやって時間を作るの?って思うと思います。

自分が使っている方法は4つあります。

①早起きして作る

②通勤時間を使う

③仕事中の休憩時間を使う

④休みの日を使う

残業していてそんなの無理!という人もいると思いますが、残業辞めれば?っていうのが私の見解です。

残業するから不満も溜まるし、ストレスもかかる。自分の時間がない。

全部悪循環になっています。

どーの先生
どーの先生
繰り返しになりますが、本当に変わろうとするのであれば、意識を変えましょう。

まとめ

今回は社会人生活を楽しむには、他人は他人と割り切り、自分の好きなことを見つけよう。ということをテーマに話をしてきました。

会社の体制とか、上司とかそう言うのはあまり関係なくて、本当に大切なのは変わろうとする意思でしたね?

この記事を最後まで読んでくれているということは、そのことを深く理解することができたと思います。

私は皆様にそのきっかけを与えることしかできません。

この出会いが何かのきっかけだと感じ、行動に移してみて下さい。

どーの先生
どーの先生
皆さんの新しい人生のスタートがきれる架け橋になっていれば幸いです。

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。