子育て・保育

【児童デイサービスの仕組み】どんな人が働いているの??【解説します】

児童デイサービス

   
こんにちは。現役保育士のどーのてぇんてぇー(@保育士ブロガー)です。



H31.4月晴れて社会人・保育士歴3年になりました♪


どーの先生
どーの先生
浮かれることなく、今まで以上のことに取り組みたいと考えています。


さて今回は、【児童デイサービスの仕組み】どんな人が働いているのかについて、現役保育士で現・発達支援施設で働いている私が話していきたいと思います。


なぜこのような話をするかというと以下のツイートをご覧ください。↓



そこまで反響があったわけではありませんが、児童の障がい福祉に関心のある方が一定数いることがわかったので、話を深掘りしていこうと思いました。


そして、障がい福祉の世界がもっと明るく、子どもたちが安心して暮らせる社会作りに貢献できれば良いなと思います。


まずは私の簡単な自己紹介から。


どーのてぇんてぇーとは

ここに本文を入力


・保育士歴3年

・2年目から保育リーダーを任されている 

・新卒1年目から児童発達支援施設で保育士として働いている

・この2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている


このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。


この記事を読むことのメリット



・児童の障害福祉について知ることができる


・発達支援施設・放課後等デイサービスの職員構成がわかる



・障がい福祉に興味・関心が持てるようになる




先に結論からお話しします。


結論ですが、児童デイサービスの開業の仕組みは甘く、職員構成は半分以上は素人です。


どーの先生
どーの先生
大事なことなのでもう一度繰り返しますね。



児童デイサービスの開業の仕組みは甘く、職員構成は半分以上は素人です


それはどうしてなのか・・・。


それは、今の施設の体制が大きく関わっています。


そのことについて話を深掘りしていきます。


劣悪な環境が渦巻いている現代社会において、子どもが安心して過ごせる環境を見つけてあげることが、親の務めかなと感じました。


児童の障がい福祉の現状についてはこちらの記事をどうぞ




 

どーの先生
どーの先生
自分ももうすぐ親になるし、より一層真剣に考えたいと思っています。

そのためにも、施設の現場で働く生の声をどけることができたら良いなと思います。





前書きが長くなりましたが、早速見ていくことにしましょう。


どうして素人が集まっているのか


まずは、Googleで児童デイサービス開業と検索してみましょう。


するとこのような検索結果になります。

児童デイサービス開業
児童デイサービス開業


格安とか安定した収入源とか短期とかふざけた言葉がずらりと並んでいますね・・・。


どーの先生
どーの先生
子どものことをなんだと思っているの??

こんなことが普通に検索上位に来ているだけで腹が立ちます。



ですが、これが今の現実です。


このことから言えることは誰でも簡単に低資金で児童デイサービスを開業することができるんですよ。


そして国や市からは助成金ができるので、子どもが利用してくれれば安定してお金をもらうことができます。


そして、固定で利用する子が決まっていれば、たとえ休んだとしても補助金をもらうことができます。


減額はされるけどね。


極端な話10人子どもが来る予定で、急に10人休むことがあってもお金はもらえるんだよ(笑)


どーの先生
どーの先生
仕事しなくても売り上げになるなら誰でも参入しますよね(笑)


この章で伝えたいことは以下の通り。

素人が集まる理由

①誰でも簡単に低資金で開業することができる

②国や市が助成金を支払うので安定している

③子どもが休んでも利益が上がる



H31年現在は法が少しずつ改正されて昔より設立は難しくなっています。


厚生労働省から発表されているガイドラインはこちら。




開業について詳しく知りたい方は下記のサイトをご覧ください。



児童デイサービスで働いている職員は誰??

どんな人

 


児童デイサービスと言っても発達支援施設・放課後等デイサービスの2つの種類に分けることができます。


どーの先生
どーの先生
発達支援施設は未就学、放課後等デイサービスは就学児と対象としているよ♪

詳しくは下記のサイトを参考にしてね♪





基本的な職員構成は同じになります。


ただし、重症心身障がい児を対象とすると、職員構成が変わってくるよ。


今回は、重症心身障がい児対象ではない児童発達支援施設・放課後等デイサービスの職員構成をご紹介します。

児童発達支援・放課後等デイサービスの職員構成

職員構成


基本的に4人揃えば配置基準を満たすことができます。

どーの先生
どーの先生
配置基準とは開業するために必要な人員のことだよ♪

この人員について解説するよ。

 

発達支援の配置基準


①指導員又は保育士 2人以上

②児童発達支援管理責任者 1人以上

③その他の職員 必要とあれば配置する

④管理者 1人以上(ただし、管理業務に支障がない場合は他の業務と兼務可)



4人で最大10人の障がい児を見ることができるよ。


どーの先生
どーの先生
ちなみに配置基準を満たせば、保育経験0の人を雇って働いてもらっても大丈夫なんだ。

これが初心者が集まる理由の1つだよ。




詳しくは下記のサイトを参考にどうぞ。




まとめ

まとめ



今回は児童デイサービスの仕組み・働いている職員は誰なのかをテーマにお話ししてきました。


保育園では保育士が子どもと関わっているのに対して、児童発達支援では保育士以外の人が関わってることがあります。


特に児童指導員は、保育経験0でも障がい福祉に2年間携わっていれば誰でもなることができます。


どーの先生
どーの先生
子どもについての試験せずに保育士と同様の扱いをされるって、保育士の価値がなくなるよ・・・。


実際に働いている私の感想は、保育士の離職率は凄く高いです。


その理由として考えられるのは、今まで保育のプロたちと働いてきたけど、保育を知らない人たちと働くことで自分の保育観を壊されることがあります。


さらには、子育てをしている職員、又は子育てが終わった職員がいると、独自の子育て観を持っていてやりにくいと言うこともあげられます。


どーの先生
どーの先生
子育てと、保育は別物だよ。

ここをはき違えている人は凄く多いです・・・。


話がそれたので戻しますが、今回重要なのは以下の通り。

今回のまとめ

①児童デイサービスの質は高くない

②仕組みが厳格化されていない

③誰でも開業することができる

 

まだまだ、始まったばかりの世界ですが、少しでも質が高く、子どもたちが安心して暮らせる社会になるよう発信していきたいと思います。


最後まで見ていただきありがとうございました。



発達障がい児育児ランキング

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。