子育て・保育

【児童デイサービス】保育士の離職率は高い【その理由について】

保育士 退職理由

   
こんにちは。現役保育士のどーのてぇんてぇー(@保育士ブロガー)です。



H31.4月晴れて社会人・保育士歴3年になりました♪


どーの先生
どーの先生
浮かれることなく、今まで以上のことに取り組みたいと考えています。


さて今回は、【児童デイサービス】保育士の離職率は高い【その理由】について話していきたいと思います。


なぜこのような話をするかというと以下のツイートをご覧ください。↓



そこまで反響があったわけではありませんが、児童の障がい福祉に関心のある方が一定数いることがわかったので、話を深掘りしていこうと思います。


まずは簡単な私の自己紹介から。


どーのてぇんてぇーとは


・保育士歴3年

・2年目から保育リーダーを任されている 

・新卒1年目から児童発達支援施設で保育士として働いている

・この2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている


このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。


この記事を読むことのメリット



・児童の障がい福祉について知ることができる


・児童の障がい福祉に興味・関心を持つことができる



・児童デイサービスでの保育士の離職率が高い原因がわかる




早速ですが離職率が高い理由について話していきましょう。。


結論ですが、職員との価値観の違いや、給料面の違いから保育士として働くのをやめる人が多いです。


主に働いている職員は、保育士・児童指導員、リハビリ(OT・PT・ST・CP)、看護師、社会福祉士、児童発達管理責任者になります。


どうしてこのような人たちが働いているのかはこちらの記事をどうぞ。
リンクを張る

価値観の違いについてはこちらをどうぞ。
リンク


そして、給料に関しても結構な差が出ていたりします。


どーの先生
どーの先生
うちの会社では、①看護師、②リハビリ・児童発達管理責任者、③保育士、④社会福祉士・児童指導員という順番で給料が高いです。



どうして給料に差が出て、価値観の違いから保育士は辞めるのか。


その原因は大きく2つあると私は思っています。


前書きが長くなりましたが、早速本題を見ていくことにしましょう。


保育士が児童デイサービスでの離職率が高い理由


繰り返しになりますが、職員との価値観の違いや、給料面の違いから保育士として働くのをやめる人が多いです。


どうして、このようなことになるのでしょうか??


主に考えられる原因は以下の通り。

保育士の離職率が高い原因

①他の専門職と格の差ができている

②元々の最低賃金が安い


普段からよく言われていることですね(笑)


これらのことについて話を深掘りしていきましょう。

他の専門職と格差ができる理由

格差ができる理由


リハビリ職や看護師は社会的信頼が凄く高いです。


それもそのはず。


なんたって病院などで活躍でき、幅広い層に感謝され知ってもらえるのですか。


看護師の社会的イメージ

「優しい」「きびきびしている」「社会に貢献できる」「体温・脈拍・血圧の測定」「忙しくきつい仕事」
            
                        看護師の社会的イメージより引用


作業療法士のイメージ

医師のオーダーの元、プラン、実施、評価
専門職として任される領域がある
やりがいがある仕事
生涯勉強できる
医療系のなかで、夜勤や緊急待機
                               知恵袋より引用



では逆に保育士はどうでしょうか??



アンケート作っていて思ったんですが、泣けてくるような内容ですね・・・。


どーの先生
どーの先生
どう見ても社会的信頼は低そうですね(笑)


以上の結果から保育士は、他の職員よりも弱い立場で働いています。



 

他の専門職との賃金格差について

賃金格差


他の専門職との賃金格差についてみていきましょう。

理学療法士、作業療法士の平均年収統計

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査によると、理学療法士および作業療法士の平均年収は32.7歳で約405万円となっています。

・平均年齢:32.7歳
・勤続年数:5.7年

・月額給与:284,100円
・年間賞与:639,900円
・平均年収:4,049,100円

                             理学療法士の仕事より引用

看護師の平均年収統計

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は約480万円となっています。

・平均年齢:37歳
・勤続年数:8年
・月額給与:331,900円
・年間賞与:799,900円
・平均年収:4,782,700円

                          看護師の平均年収と給料より引用

 

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。


少ない少ないと言われているリハビリ職ですが、それでも保育士よりも平均年齢が若く、給料も高い傾向にあるのが見て取れます。


どーの先生
どーの先生
保育園で働いている保育士歴3年目の友だちは手取り月収20万ないって言っていたよ(;´Д`)


上記の結果を見ていただいてもわかるように、以下に保育士が買いたたかれているかが見て取れます。


どーの先生
どーの先生
ちなみに、デイサービスで働いている時の仕事内容はほぼ同じだからね(笑)

同じ専門職でも資格によって左右されるんだよ(笑)

 

まとめ

まとめ


今回は保育士の離職率が高いです。と言うことをテーマにお話ししてきました。


その原因はこちら。

保育士の離職率が高い原因

①他の専門職と格の差ができている

②元々の最低賃金が安い


つまり、保育士は肩身が狭いんですよね・・・。


どーの先生
どーの先生
自分が尊敬している先輩もこれが原因で辞めました。

保育士に光が当たる世界になってほしいと願っています。

そのためにいっぱい活動していきたいと思っているよ♪


最後まで見ていただきありがとうございました。


よろしければ応援よろしくお願いいたします。



保育士ランキング


発達障がい児育児ランキング


ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。