お金について

保育士の給料でも貯金できるのか【現役保育士が解説します】

低収入でも貯金ができる方法について解説

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事を見てくれていると言うことは、このようなことでお悩みではないでしょうか?

・保育士になったけど、将来生きていけるか心配

・保育士で貯金できるのか不安

嫁
巷では保育士の給料は低いと言われているけど、実際生活していくうえでどうなの?

どーの先生
どーの先生
今回は、保育士になりたての皆さんの不安を取り除くことができるように貯金事情について解説していきます。

下記の記事は私の2年目の給料の一部です。

ウソ・偽りのない全て本当の話ですので、参考程度のどうぞ。

では早速今回の結論。

保育士の給料でも貯金することは可能です

とは言え、このような主張をしてもお前誰?とか、こいつの話は信用できるのか?

と反論が来そうなので簡単に私の自己紹介をしていきます。

どーの先生とは

・1年間で約100万円貯金することができた

・保育士歴3年目

・2年目より保育リーダーとして活躍している

・発達支援施設で保育士として働いている

このような経験をしているので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では、今回の結論である保育士の給料でも貯金することは可能です。について詳しく解説していきます。

保育士の給料でも貯金できるのか

繰り返しになりますが、保育士の給料でも貯金をすることは可能です。

ではどうしてこのような主張ができるのか。

その理由は以下のものが挙げられます。

・1年間で100万円貯めることができたから

このような話をしても多分信じてもらえないと思うので、100万貯めるために行った方法を紹介していきます。

1年間で100万円を貯めるために行ったこと

・毎月2万円貯金

・ボーナスほぼ全額貯金

・資産運用をした

これだけでは説明として不十分ですので、具体例を出しつつ話を深掘りしていきます。

どーの先生
どーの先生
実体験をもとに話をしていくよ。

毎月2万円貯金をする

毎月の2万円貯金は必須です。

これができないと、正直に言って貯金ができないと断言します。

毎月2万円貯金するためには、支出を減らすか、収入を増やすかの2択しかありません。

まずは、自分の支出に無駄がないかを確認してください。

無理に貯金をしようとしても長続きはしないし、ストレスがかかります。

そうなってしまうと、折角貯金したのに全額使ってしまった・・・。

ということになってしまいますので、無理のない支出減らしを心がけましょう。

どーの先生
どーの先生
もし、無駄な支出がないのであれば転職して収入アップに努めた方がいいと個人的には思います。

ボーナスほぼ全額貯金

正社員で働いているとボーナスをもらうことができると思いますが、これらはほとんどすべて貯金にまわしています。

理由としては、ボーナスは本来貰えないお金だと思っているからです。

ボーナスに頼った生活をしていると、いざボーナスがなくなったときに生活ができません。

そう言った意味でもボーナスはほぼ全額貯金しています。

とは言え、すべて貯金してしまう頑張って働いているのに何もできないのか・・・。

とマイナスな気持ちになってしまうので、端数は使ってもよいとルールを決めています。

・ボーナス支給額が35万円

・使える額は5万円

こういった感じで、適度に自分のストレスを発散しつつ、貯金を楽しんでいます。

どーの先生
どーの先生
マイルールを決めて、自分に合った貯金をしていくことが重要。

貯金を楽しんですることが長く続くコツです。

資産運用をした

仮に上記のことを全て実践した場合、どれくらいの貯金額になるでしょうか?

少し計算してみることにしましょう。

① 月2万円 × 12か月 = 24万円

② ボーナス30万円 × 年に2回 =60万円

③ 24万円 + 60万円 = 84万円

これだけでは少し目標金額の100万円に届きませんね。

そこで私が行ったことは投資をすることです。

投資と聞くと、怖い・・・。というイメージを持たれがちですが、無理をしなければ怖いことはありません。

しっかりとリスク管理をしたうえで、コツコツ積み上げることができれば1年で20万円の利益を上げることは不可能ではないです。

私は昨年10万円の利益を上げることができました。

どーの先生
どーの先生
とは言え、リスクが全くないわけではないので、しっかりと勉強してから行うようにしましょう。

投資は自己責任です。

保育士で貯金するとか不可能だろという意見に答えます

こういった話をすると反対意見が聞かれると思いますので、その疑問にお答えしていきます。

今回考えられる反対意見は下記の通りだと思います。

・月に2万円貯金すると生活が厳しい

・ボーナスを全貯金するのは不可能

・資産運用して失敗するのが怖い

上記の話に焦点を当てて、個人的見解を交えつつ解説していきます。

どーの先生
どーの先生
上記の話は全て解決することができます。

月に2万円貯金すると生活が厳しい

1つ目の意見として、月に2万円貯金することは難しいというものがあります。

こう感じている人は、下記のような特徴があるのではないかと個人的に思っています。

・収入が少ない

・支出が多い

上記の2つに関しては改善する余地があると断言します。

具体的な解決策を出すと以下のものが挙げられます。

考えられる改善策

・キャリアップをして、昇給する

・転職する

・支出を見直す

基本的には支出を見直すことで、ある程度の問題は解決されます。

とは言え、収入が低いと支出をどれだけ抑えたところで限界があります。

転職はしたことがないので分かりませんが、昇給に関しては詳しいと思っています。

下記に参考記事を書いているので、良ければ参考にどうぞ。

ボーナスを全貯金するのは不可能

ボーナスがない会社だと貯金することはできませんが、ボーナスがある会社であれば不可能ではありません。

ボーナスを頼りにした生活をやめることで、全額貯金に回すことは可能。

ここに関しては意識することで、改善できると断言します。

もし自分の力だけではどうしてもできない・・・。

っというのであれば、定期預金を使ったり、両親や恋人にお願いして、通帳を預かってもらうのがいいかも知れませんね。

とは言え、人に依存するやり方はあまりよくないと思うので、少しずつ脱却できるようにしましょう。

もし仮にボーナスが出ない会社なのであれば、すぐに転職することをお勧めします。

年収で350万円以上あるのであればいいですが、そうでないなら今後を生きていくうえでも心配です。

どーの先生
どーの先生
やはり最低限の生活をしていくうえで、350万円は1つのパロメーターかなと感じます。

奨学金の返済がないともっと低くてもいいのですが、結婚はできないでしょうね。

資産運用して失敗するのが怖い

最後は資産運用をして失敗するのが怖いという意見です。

これはおっしゃる通りなのですが、最初に100万円投資して仮に0円になっても私はいいと思っています。

なぜかと言うと、100万円は1年で貯めることができると証明されているからです。

仮に100万円を投資して0円になれば、次は同じ事をしないように心がけるし、もっと勉強しようとします。

すると、次からは100万円が200万円、500万と積みあがっていくのではないでしょうか?

どーの先生
どーの先生
1000万円が0円になると精神的にやられそうですが、100万円くらいであればいくらでも回収することができると思いますよ。

もし本当に投資はできないと判断したのであれば、それはいいと思います。

ですが、やってもいないことを頭から否定するのは私は嫌いです。

最初から成功する人は誰もいませんよ。

保育士の給料でも年間100万円貯めることができる

今回は保育士の給料でも貯金することはできるのか。というテーマで話をしてきました。

私の結論は繰り返しになりますが、保育士の給料でも貯金することは可能です

実際に私は上記の方法を用いて、1年間で100万円をためることに成功しています。

そして、令和元年4月22日に結婚式を挙げました。

どーの先生
どーの先生
これは貯金があったからできたといっても過言ではありません。

貯金をすることは、一見人生を固く生きていると思われがちです。

実際に職場の人にもっと遊んだら?と言われます。

しかし、お金があることで心に余裕が生まれるし、何かがあったときに頼りになるものだと感じています。

職場の人が生きてきた時代と、いま私たちが生きている時代は大きく違います。

今の時代は自分の力で将来を生きぬく力が試されているように私は感じています。

職場の人が言うように今を楽しむことも大切かもですが、自分は将来楽して生きていけるように今を頑張ろと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。


保育士ランキング

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。