お金について

【同棲カップル必見】同棲するまでにやっておくべきこと【5選】

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事を見てくれていると言うことは、このようなことでお悩みではないでしょうか?

・同棲をしようと考えているんだけど、どうやって物事を進めたらいいのかわからない。

嫁
彼氏と早く同棲したいなぁ~と思っている学生さんは結構多いはず。

しかし、そんなに簡単なことではないので、しっかりと理解を深めておきましょう

どーの先生
どーの先生
今回は同棲を考えているカップルに向けて、私たちの経験談を話しつつ、同棲をするまでにやっておい方がいいことについて解説していきます。

早速今回の結論。

下記で紹介する、同棲を始めるときの順番をしっかりと理解しましょう。

その順番は以下の通り。

①両親に挨拶

②部屋を決めましょう

③同棲生活のルールをしっかりと決める

④必要最低限の家具・家電を買いに行こう

⑤引っ越しの準備をする

この順番さえ守っていればスムーズに事が運べることでしょう。

しかし、お前誰だよ。と反論が来そうなので簡単に私の自己紹介をしていきます。

どーの先生とは

・同棲歴3年目

・専門学校卒業後に同棲を開始

・同棲を経て結婚した

このような経験をしているので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では、今回の結論である同棲を始めるときの順番について、詳しく解説していきます。

同棲するまでにやっておくべきこと【5選】

少しだけ、今までのおさらいをしましょう。

同棲を始めるためにやっておきたいことは下記の5つでした。

①両親に挨拶

②部屋を決めましょう

③同棲生活のルールをしっかりと決める

④必要最低限の家具・家電を買いに行こう

⑤引っ越しの準備をする

どーの先生
どーの先生
このことはかなり重要ですので、しっかりと理解しておいてください。

それで話を深掘りしていきます。

①両親に挨拶

特殊な場合を除き、両親にしっかりと挨拶をした方がいいでしょう。

なぜかと言うと、私たちは挨拶にいかなかったので、彼女側の母親と関係が少し悪くなりました。

嫁
因みに、父親は離婚してるのいません。

具体的にどのようになっているかと言いますと、彼側。

つまり、どーの先生が嫌われていると言う現状です。

挨拶もせずに同棲を始めているから仕方ないけど、挨拶に行かなかった理由は沢山あります。

しかし、嫌われてしまっているという事で、結婚をする前に問題が発生したり、色々とややこしいことが起こっています。

仲良くしろとは言いませんが、最低限のマナーは守った方がいいでしょう。

どーの先生
どーの先生
かなりめんどくさいですよ(笑)

②部屋を決めましょう

同棲を始めるときに重要になってくるのが家の問題。

多分下記のことが主要なことではないでしょうか?

・どの地域に住むのか

・間取りはどれくらいかを話し合うことが大切

住む地域や立地条件によって家賃が変わるのは勿論のこと、通勤時間や生活リズムなども大きく変わります。

2人でしっかりと話し合って、納得した上で決めましょう。

どーの先生
どーの先生
家は簡単に変えることはできませんよ。

③同棲生活のルールをしっかりと決める

同棲生活を楽しいものにするために、ルールを明確にしておく必要があります。

基本的なことで言うと、下記のようなことではないでしょうか?

・家事はどうするのか

・買い物はどうするのか

・お金の管理はどうするか

大雑把に決めていればOKですが、後からルールを決めても中々守ることができません(笑)

そして、ルールをガチガチに固めてしまっては、お互いに苦しい生活になってしまいます。

なので、お互いができる範囲で無理のないルールが無難でしょう。

嫁
私たちが決めているルールを紹介します。

・料理、食器の片づけは嫁さんがする

・洗濯・掃除は夫がする

・買い物は2人で行う

・お金の管理→夫がする(嫁はお金遣いが荒いため)

基本的なルールはこれだけ。

細かいものはたくさんあるのですが、守ったり守ってなかったりするので(笑)

要は、2人が共有することや、2人に問題が起こりそうなことはしっかりと決めるということが大切なのではないかと感じます。

④必要最低限の家具・家電を買いに行こう

生活をしていく上で、必要最低限の家具・家電を紹介します。

この話は、自分が買ってきて良かった物を例に出しているので、ある程度信頼していただけるかと思います。

まずは家電の紹介から。この家電さえあれば、生きていくためには困りません。

・冷蔵庫

・洗濯機

・掃除機

・電子レンジ

・炊飯器

・トースター

この中で、いいものを買っておきましょうとお勧めできるのは、掃除機です。

意外と思われるかもしれませんが、安物の掃除機だとゴミを吸わなくて、掃除がはかどりません・・・。

せっかくの休日で、ちょっと掃除しようと思って掃除をしたら、全く進まなくて休日がつぶれてしまった・・・。

とならないようにするためにも、掃除機は欠かせないアイテムです。

個人的におすすめしたいのが、こちらのダイソンの掃除機

少しお値段はしますが、壊れない限りずっと使い続けることができます。

電源の線がないので、コンセントを気にすることなくスイスイ掃除が可能。

同棲し始めの部屋なら、これ一つで簡単お掃除です。

どーの先生
どーの先生
この商品は実際に私も使っていて、大変満足しています!

吸引力が強すぎて、カーペットを吸ってしまうのが難点です・・・。

次は最低限必要な家具を紹介。

私が生活してきて最低限必要だなと感じたのは下記の通り。

・ダイニングテーブル

・タンス

・家電を乗せる棚

基本的に家具は後から揃えたらいいものばかりです。必要に応じて買いましょう。

ニトリやイケヤ、無印良品などで安くいいものが購入できると思うので、ぜひ足を運びましょう。

男性用のタンスは、これ一つですべて収納可能なニトリのアーデルがおすすめ。

私の夏服、冬服、仕事着、下着、嫁の下着などらくらく収納されています。

ブラウン、ブラックから色を選ぶことができ、部屋に合わせたカラーリングができるのも魅力。

さらに、同じアーデルを組み合わせることで、まとまりのある空間にすることもできます。

どーの先生
どーの先生
この商品は家具を買った中でかなり気に入っています。組み合わせが自由なのと、ニトリ職員が設置してくれるのも魅力の1つです。

奥行きがあるので、服の入れ方を工夫しないとかなり動いてしまうのがしんどかったりします。

せっかく畳んだのにぐちゃってなっているときがたまにありますが、収納力は最高です。

⑤引っ越しの準備をする

引越し経験豊富な私だから分かることをお伝えします。

現在23歳ですが、引っ越しを6回行っており、引越しに関しての知識は豊富にあります。

こんな私がおすすめする引越しの極意は下記の2つです。

・不要なものを捨てる

・必要なものだけ持っていく

当たり前じゃんと思うかもしれませんが、これができずにたくさん持っていく人がいるんですよね。

持っていくものが多すぎると片付けるのが大変。

どこに何をしまったのかが分からなくなり、部屋が散らかる原因になりかねないので注意しましょう。

私なりの物を捨てる時のポイントは下記の通りです。

・服・靴→1年着なかったら捨てる。

・小物→数を決めて持っていく。

例)5個決めたらそれ以外はすべて捨てる

・本→古本屋さんに持っていく。重いし、片付けが大変

初めての同棲なら、家具や電化製品はないと思うので、これくらい。

服や靴は本当に厳選しないと、いつまでも増え続けるので、いい機会だと思って処分できるものは処分しましょう。

これをきっかけに新しい生活を始めてみては?

因みに私も物をため込むタイプでしたが、新生活になってからかなり物が減りました。

嫁
案外使わないものが多くて、びっくりしています。

同棲を始めるまでの順番をしっかりと理解しましょう

同棲を始めるときは、同棲をするときの順番をしっかりと理解しましょう。

その順番をおさらいします。

①両親に挨拶

②部屋を決めましょう

③同棲生活のルールをしっかりと決める

④必要最低限の家具・家電を買いに行こう

⑤引っ越しの準備をする

この流れで物事を進めていけば、失敗することは少ないと思います。

2人でしっかりと話し合い、素敵な同棲生活を始めてくださいね。

同棲については賛否両論あると思いますが、私たちは賛成派です。

お互いの価値観や普段見えていないところ。そのすべてが見えるのが同棲で、良い経験になりますよ。

そして、同棲するときは期限を決めておいた方がいいです。

どーの先生
どーの先生
だらだらと過ごしても、いいことは全くないので

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。