人間関係

【同棲するときの間取りは?】 1LDK?2DK? 同棲生活3年目の保育士カップルが解説します。

同棲おすすめ間取り


こんにちは。現役保育士のどーのてぇんてぇー(@保育士ブロガー)です。


H31.4月より保育士歴3年目になります。


本当に月日が過ぎるのが早く、これからどうなるのだろうかと将来を見据えて行動しています。

今回はタイトルの通り、同棲する時の間取りについて解説します。


この記事を読むことのメリット



・自分たちに合った部屋選びができる



・2人仲良く過ごすことができる



・生活が楽しく、充実感を味わうことができる

 


この記事の信頼性。


どーのてぇんてぇーとは


・彼女と付き合って5年以上

  

・同棲2年目で結婚

  

・互いに協力しながら、生活を楽しんでいる


私事ですがこの度長年、お付き合いさせていただいております彼女と結婚することが決まりました。

これは同棲生活を送って、互いに協力し合える環境ができたからだと思っています♪

こんな私が、同棲生活を成功させて結婚するまでに至った経緯について詳しく話していきます。

是非、参考にしていただけたらと思います。

では早速本題に入っていきましょう。

同棲を始めるなら部屋を選ぼう

部屋選び



まず同棲を始めるなら部屋を選ぼう。と言う話をしていきます。

どーの先生
どーの先生

同棲するにはどんな部屋がいいのかな?

彼女
彼女

よく聞くのは1LDKや2DKだけど、どっちがいいのかな?

私たちの場合は両方とも奨学金を借りていたこと、彼女が非正規雇用と言うこともあり、2DKの間取りに決めました。

理由は家賃が安いからです(笑)


間取りの特徴について、不動産会社に話を聞くことができました♪

どーの先生
どーの先生

同棲を始めようと思っているのですが、おすすめの間取りはありますか?


 営業マン

同棲カップルにお勧めなのは1LDKか2DKのお部屋が人気ですよ。

どーの先生
どーの先生

なるほど!
1LDKと2DKの部屋の違いはどんなところなんですか?

 

営業マン

1LDKは若者に人気の間取りで、比較的築年数が浅いのが特徴です。

営業マン

2DKは比較的築年数が古めで、家賃が安い傾向にあります

どーの先生
どーの先生

わかりました。
詳しく教えていただきありがとうございます!



と言う経緯があり私たちは2DKの物件を選ぶことにしました。

奨学金を借りていたり、非正規で収入が安定していないのに高い家賃を払うは難しそうですからね・・・。

だいたいは同棲を始める時に選ぶ部屋は1LDKか2DKになると思うので覚えておいて損はないと思います。

引っ越しにかかる初期費用についてはこちら↓

部屋選びのポイント

部屋選び ポイント

次は部屋選びのポイントについて話していきます。

部屋選びで私が特に気をつけたことは以下の5つです。


・駅から徒歩15分以内


・キッチン、洗面台、お風呂、トイレなどの水回りは使いやすいか


・住宅周辺は静かで過ごしやすい環境か


・日当たりは良好か


・生活するイメージをしっかり持てるか


などについて詳しく吟味しました。

ではなぜこれらのことについて詳しく吟味したのでしょうか?

上記のポイントについて話していきます。

駅から徒歩15分以内がおすすめ


最初は駅まで徒歩15分以内の物件がおすすめということについて話していきます。

私は今住んでいる場所にずっと住み続けるつもりはなくて物件を選びました。

なので、駅まで徒歩15分以内でいければいいかなくらいの感覚なのでおすすめとは違う気もしますが(笑)

メリットをあげるとするならば、比較的静かな地域が多いのかなという印象です。

そして、家賃もかなり安く抑えることができます。

そこそこ家賃を払えるのなら、駅から徒歩5分圏内の物件の方が確実いいと思います(笑)

ただ、家賃は凄く高いので収入と支出のバランスはしっかりと見極めましょう。

水回りが使いやすい方がいい理由

 

次は水回りについて話していきます。

ここに私の中で、最も重要な項目だと思っています。

学生時代に1人暮らしをした時に、ユニットバス、一口コンロ、洗面台なしの物件に住んだことがあるのですが、本当に後悔しました。

ユニットバスだとお風呂に入っている気がしないし、トイレは落ち着かないし、洗面台に頭は打つし、料理はできないし、とにかくイライラしかしませんでした(笑)

水回りは毎日使うものです。

ここをおろそかにすると数年間はストレスと闘わなければいけないかもしれません。

実際に私は3ヶ月くらいでギブアップして実家に帰りました(笑)

住宅周辺は静かで過ごし安方がいい理由


いろいろあると思いますが、静かな方が落ち着きます。

目の前が大きな道路だと、洗濯物を干すときに困ったり、騒音でリラックスできなかったりします。

家で過ごす目的がリラックスすることなので、そこができないとしんどいかなと感じてしまいます。

今は凄く落ち着いて生活ができているので気に入っています。

もう少し広い部屋に住めば良かったかなと思うこともありますが・・・。

日当たりが良好な方がいい理由

 

日当たりは良好な方がいいですね。

日当たりが悪い洗濯物が乾かせなかったり、日中から電気をつけなければいけなかったり、カビが生えてきて不潔な印象になります。

なので、日当たりは凄く重要項目かなと思います。

おすすめなのは南向きです。

朝から夕方くらいまで太陽の光が入ってくるのでぽかぽかと過ごすことができます。

因みにあまりおすすめできないのは西向きの部屋です。

特に夏場は西日が強く、仕事から帰ってくるととても暑く、室温が40度に達していたことがあると聞いたことがあります。

クーラーをかけても、カーテンをしても熱が逃げず、電気代が凄いことになるそうです。

と言うわけで、日当たりがいいところ且つ南向きの部屋がいいと言うことでした。

生活するイメージがしっかりと持てる方がいい理由

 

最後は部屋を見て、しっかりと生活するイメージが持てるかについて話していきます。

引っ越しをするときに持って行くものを決めると思います。

その持ち物がすべて収まったときにどのようになるか見通しが立たないと厳しいですね。

私も結構引っ越しをしてきた経験がある(記憶にあるだけでも5回)のでわかりますが、イメージができないと生活がしっくりきません。

部屋にいても落ち着かないし、ものが多すぎて捨てなければいけなかったり後からどんどん手間がかかってきます。

部屋を選んだら、何をどこにどのようにして置くかを決めて最終決定した方がより楽しく過ごすことができます。

部屋選びを始める時期

部屋選び

ポイントがある程度わかったところで次は部屋選びの時期について話していきます。

部屋選びを始める時期のおすすめは11~12月くらいです。

それか少し引っ越し時期をずらして5~6月もおすすめ。

11~12月だと結構色々な部屋がネットに掲載されています。

色路な部屋が載っていると自分の住みたい部屋のイメージがつきやすいです。

そして一番重要なことは、その部屋が開いている確率が高いということです。

私が部屋探しをしたのは1月の中旬くらいでしたが、見たい部屋の1/3は埋まっていて見学すらいけなかったです。

もう一つのおすすめは5~6月です。

部屋数自体は多くないかもしれませんが、家賃が少し安くなっている傾向にあります。

そして、引っ越し費用も安く抑えることができます。

何故なら、繁忙期を過ぎているからです。

多少部屋の質は落ちるかもしれませんが、費用を安く抑えたい人にはいいかもしれませんね。

引っ越しの準備についての記事はこちら↓

まとめ

まとめ

長々と話してきましたが今回の要点をまとめていきましょう。

同棲する時のおすすめの間取りは以下の通り。

おすすめの間取り


・家賃を抑えたいなら2DK


・お洒落な部屋に住みたいなら1LDK

と言うのが私の見解です。

そして、部屋選びの際は以下のことに注意することでより楽しい同棲生活が送れるようになります。


部屋選びのポイント


・駅から徒歩15分以内


・キッチン、洗面台、お風呂、トイレなどの水回りは使いやすいか


・住宅周辺は静かで過ごしやすい環境か


・日当たりは良好か


・生活するイメージをしっかり持てるか


以上のことに注意して楽しい同棲生活を始めてくださいね。

最後まで見ていただきありがとうございました。


保育士ランキング

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。