子育て・保育

【発達障がい】ADHDとは何か特徴は?【保育士が解説します】

こんにちは。現役保育士のどー先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

当サイトを見ていただいたと言うことは、以下のことにお困りのなのではないでしょうか。

・ADHDってなに??

・発達障がいってなに?

・ADHDの特徴ってなに??

どーの先生
どーの先生
今回は、ADHDについて発達支援施設で働いている私の体験を交えつつ、話していきたいと思います。
この記事を読んでわかること

・発達障がいについて知ることができる

・障がい福祉に興味・関心が持てるようになる

・ADHDの特徴について知ることができる

とは言え、お前は誰だよ。という意見が聞かれそうなので簡単に自己紹介をして言いたいと思います。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・2年目から保育リーダーを任されている

・新卒1年目から児童発達支援施設で保育士として働いている

・2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

どーの先生
どーの先生
下記では私の経験をもとに発達障がいについてまとめていますので、あわせてご覧下さい。

今回はADHDの特性について詳しく解説していきます。

ADHDとは何か??その特徴は何か

ADHDとは注意欠陥多動性障害と言います。

特徴は主に3つありそれぞれ

①多動性

②不注意

③衝動性

見られる行動として、絶え間なく動き続ける、何度言っても行動が改まらない、突然衝動的な行動をすると言った行動を取ることがあります。

どーの先生
どーの先生
中でも衝動的な行動は凄く怖くて、道路でいきなり走り出そうとします。

手をつないでいても話そうとするので、気を付けないと事故に繋がります・・・。

このような症状が12歳になる前に6ヶ月以上継続して、保育園・幼稚園や学校、家庭などの2カ所以上の生活場所で見られる場合に診断として疑われます。

しかし、3つの症状すべてが現れるのではなく、多動性だけが極端に現れることがあれば、いくつかの特徴が同じくらいの割合で出てくることがあります。

明るくて元気な子どもです

ADHDの特性を持つ子どもは、明るくて活発的な子どもと言えます。

人なつっこさや高いテンション、積極的な姿勢は周りを明るい雰囲気に変えてくれます。

しかし、そういった子どものよさが度を超えてしまうと、現状の学校や社会制度に適応することが難しくなってしまします。

叱られることが増えると、子どもたちは自信をなくしますし、孤独を感じて追い詰められて
しまいます。

どーの先生
どーの先生
うちの施設にもよく走り回る子がいるんだけど、よく突発的に動き出します。

周りが見えていないのか、お友だちとぶつかることもしばしばあります。

年齢を重ねるごとに落ち着いていった子もいますが、個人差があります。

苦しんでいるのも子どもたちです

ADHDの特性を持つ子どもはいじめの対象に合いやすいようです。

私が働いている施設では、少人数の子どもをたくさんの大人で見ているので、素早く対応できるのですが、保育園や幼稚園ではそうはいきません。

先生が見ていないところで何が起きているかは、その子たちにしかわかりません。

どーの先生
どーの先生
そのような現場を見たことがないので一概には言えませんが、幼稚園に行っている子で、そのようなことをされている子がいるのも事実です。

子どもの異変に早く気付くことが子どもを守っていく上で一番重要になってきます。

常日頃から、子どもの様子を観察していましょう。

親も先生たちも悩んでいます

知的な遅れがないADHDの特性を持つ子どもは普通の生活を送ることが苦手です。

例えば・・・。

・落ち着いて生活する

・注意を払って生活する

・焦らず腰を据えて生活する

実際にこのようなことが苦手なため、わざとしているように思われてり、親のしつけや愛情が足りていないと誤解されることも多くあります。

しかし、親御さん自身も、「きちんと向き合っているのに報われない」と言うことを何度も経験し、追い詰められています。

ADHDの特性は、努力や根性で改善するものではありません。

まして、誰かを責めて解決することもありません。

必要なのは、その子に対する深い支援や、配慮ある環境なのです。

どーの先生
どーの先生
子どもよれぞれに現れる特性は違っています。

まずは自分の子や、保育園・幼稚園に来ている子どもの特性をしっかりと把握することから始めましょう。

ゆっくりと時間をかけて適切に関わることで、子どもの生きづらさは軽減されます。

逆に、特性をしっかり理解していないと、自分が疲れたり、子どもがストレスを感じたりしてしまいますので気を付けて下さいね


もし、発達障がいで悩んだら??

もしも子どもが発達障がいで悩むことがあれば、一度相談してみるのが良いかもしれません。

我が子の育ちのことですから、親御さんは日々不安に思うことも多く、悩みが深くなるものです。

子育てがつらいときは1人で抱え込まずに、つながりのある場所を探してみましょう。

共感しあえることが心の支えになることもあります。

どーの先生
どーの先生
うちの施設の先輩に聞いた話だけど、色々な地域で発達障がいの子どもを持つ親の会が開催されているそうです。

こんなことで苦労したとか、こういう方法をするといいよとか、色々な情報交換ができて勉強になるようです♪

そのほかにも発達障がいの特性を持つ子どもの親を支える支援団体があります。

また、地域で活動している親の会の情報が欲しいときは、自治体の福祉課に問い合わせてみると良いでしょう。

繰り返しになりますが、1人で抱え込まず、つながりのある場所を探し、心に余裕を持って子どもたちと関わるようにして下さいね。

どーの先生
どーの先生
ADHDの特性で悩んで困っている人はNPO法人 えじそんくらぶをチェックしよう。
どーの先生
どーの先生
こちらの本も非常に参考になるよ。

是非チェックしてね♪

まとめ

今回はADHDの子どもの特性について解説してきました。

ADHDの子どもの特徴は3つありましたね。

それは以下の通り。

①多動性

②不注意

③衝動性

どーの先生
どーの先生
次回からはこれらのことを体験談を踏まえて話しをしていきます♪

そしてもし、子どもの発達障がいで悩むようなことがあれば、地域の親の会に参加してみるとか、NPO法人 えじそんくらぶをチェックしてみよう。

1人で抱え込む必要はありませんよ。

色々な方法を試して、よりよい環境を整えましょう。

子どもと、自分のペースで一歩一歩歩んでいって下さい。

最後まで見いていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。