子育て・保育

【発達障がい】ADHDの特性【多動性・対応について解説します】

こんにちは。現役保育士のどーの先生@保育士ブロガー)です。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

当サイトを見ていただいたと言うことは、以下のことにお困りのなのではないでしょうか。

・ADHDってなに??

・発達障がいってなに?

・多動性ってなに?

どーの先生
どーの先生
今回は、【発達障がい】ADHDについて発達支援施設で働いている私の体験を交えつつ、話していきたいと思います。
この記事を読んでわかること

・発達障がいについて知ることができる

・障がい福祉に興味・関心が持てるようになる

・ADHDの特徴について知ることができる

とは言え、お前は誰だよ。という意見が聞かれそうなので簡単に自己紹介をして言いたいと思います。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・2年目から保育リーダーを任されている

・新卒1年目から児童発達支援施設で保育士として働いている

・2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

どーの先生
どーの先生
下記では私の経験をもとに発達障がいについてまとめていますので、あわせてご覧下さい。

今回はADHDの特性の中でも多動性について詳しく解説していきます♪

子どもの気になる行動。多動性について

そもそも、多動性とは何なのでしょうか??

多動性とは、落ち着きがないこと・じっとしていることができないことをいいます。

これらのことを踏まえて、このようなことが気になったりしませんか??

①すぐに立ち歩いてしまう

②気になることがあるとすぐにそちらの方へ歩き出してしまう

③座っていてもそわそわしてしまう

④姿勢が悪い

⑤一歩的に話してしまう

⑥話の内容がコロコロ変わる

⑦人の話を聞かないでしゃべり続けてしまう

⑧先生の話に割って入る

このような行動が見られると、もしかしたらADHDの特性を子どもが持っているかも知れません。

ここで気を付けたいのが、ここの項目に当てはまったからと言って、自分の子はADHD何だと決めつけないでほしいことです。

発達障がいと診断するのは、医師や専門家の方々です。

保育園・幼稚園の先生や学校の先生、施設の先生たちは、傾向が強いと感じてもそのことを口にしてはいけないし、診断をすることもできません。

どーの先生
どーの先生
心ない言葉を投げかける保育園や幼稚園、学校の先生がいるようですが、あまり気にする必要はありません。

ただ、このような特性があるんだなと理解することで、子どのたちの生きやすさは変わってきます。

このような話を聞き、少しでも思い当たる節があるなら、一度福祉課などに相談してみるのも良いかも知れません。

どーの先生
どーの先生
次は実体験に基づき、子どもの行動を詳しく話していきます!

すぐに立ち歩いてしまう

椅子に座ったり、床に座ったりして活動をしていても急に立ち上がり、ササッとどこかえ行ってしまうことがあります。

OT・PTの先生に話を聞いたときは、子どもが不快な顔をしているときは、お尻に何かしらの感覚があってそれが嫌なこともあるようです。

逆に刺激が少なくて気持ち悪いといった様子も見られるようです。

どーの先生
どーの先生
すぐに立ち歩いてしまうのは子どもの特性で誰にでも当てはまることがあります。

年齢がある程度落ち着いてきて、それでも落ち着きがないのであれば一度専門家に相談しましょう。

大体の場合は3~4歳くらいで落ち着いてきます。

対応策

無理に座らせる必要はありません。

どうしても座ってほしい場合などは、「時計の長い針が○○に来るまでは座っていてね。」とか、「今取り組んでいる課題が終わるまでは座っておこうね。」と言った具合に目標を明確にすると集中しやすいです。

どーの先生
どーの先生
目的が明確になると子どもは安心するよ♪

気になることがあるとそちらの方へ歩き出してしまう

上記の様子と少し似ていますね。

でも、考えてみれば色々なことに興味を持っているということです。

子どもらしくて素晴らしいことだと私は思います。

色々なことに興味を持つことは悪いことではありません。

その興味を伸ばしてあげる関わり方をすることで、1つのことに集中できるようになった子を見てきました。

どーの先生
どーの先生
頭ごなしに注意するよりも、認めてあげることが重要です。

でも、どうしても座っていてほしいときはどうすれば良いの??

興味・関心を引くものがたくさんあるから歩き出してしまうので、環境を変えるとうまくいくことがあります。

例えば、対象物を目に見えない所に片付けるとか、仕切りを使って隠してしまうとかです。

こうすることによってある程度行動は抑制されます。

どーの先生
どーの先生
大きくなってくると、ここに○○がある、仕切りをどけると○○があると認識してくるので、またもう一工夫が必要になってきます。

座っていてもそわそわしてしまう

座っていてもそわそわしてしまう原因って言うのは、2つあると思っています。

①体幹が弱いこと

②感覚刺激に弱いこと

このどちらかによって対応策は変わってきます。

ですがどちらにも言えることは、無理強いをすることは良くないと言うことです。

どーの先生
どーの先生
苦手意識がついてしまうと、今までできていたことも【できない】と言ってできなくなってしまうからです。

次は順番に解決策を見ていきましょう。

体幹が弱い子への支援方法

体幹が弱い子へは骨盤を固定することができる椅子を使うと効果的です。

体幹が弱いと言うことは、身体を支える力が弱いということなので、後から話す姿勢に繋がってきたりします。

なので、まずは正しい姿勢を保つことができるように、道具の力を借りるといいと思います。

どーの先生
どーの先生
これが成功体験になって、普通の椅子に座れるようになった子どももいるよ。

うちの施設では手作りで作っているよ。

椅子の大きさに合わせて股留めをつけたりしています。

感覚刺激が弱い子への支援方法

感覚刺激に弱い子へは、苦手な感覚を取り除くことで座れるようになります。

どーの先生
どーの先生
うちの施設では手作りの股留めの感覚が苦手な子がいたり、便座の冷たい感覚が苦手な子がいます。

その子たちが座るときには、この感覚を取り除き、無理なく過ごせるように配慮しています。

このような改善策をすることによって、座っていてもそわそわしてしまうようなことは比較的落ち着きます。

姿勢が悪い

上記でも述べているように主に考えられる原因は、①体幹が弱い②感覚刺激に弱いと言うことです。

解決策は上記とかぶるので飛ばしますね。

一歩的に話してしまう

「昨日~した」「先生~しよ」「先生」と言う具合に相手のことは考えずに、ひたすら話し続けます。

どーの先生
どーの先生
こういう子は結構しんどいです

こちらの話が通らないので、同じことを何度も繰り返してきます。

はなしを中断させるには??

「どうして??」や「なんで?」と聞かれたときにすかさず、【なんでだと思う?】と聞き返すことです。

こういう特徴の子は、頭の中で情報を整理する力が高くありません。

なので、時間を取って、自分の頭で考えることができるように言葉がけをします。

最初は「わからない」と言うのですが「○○だから」とこちらの質問にも答えてくれるようになります。

話の内容がコロコロ変わる

先ほどと同様に、頭の中の情報がうまく整理できていないので、昨日の話から先週の話をしたり、全く関係の無い話題が持ち上がってきたりします(笑)

興味もすぐに違うことに行くので、返事を考えている間に気持ちが切り替わっていることもしばしばです。

話の内容を統一させるには

先ほどと同様に情報を整理する時間を設けてあげることで、話にまとまりが出てくるようになります。

また質問系に対して、質問系で返すことも言い対策です。

質問系を質問系で返すと、子ども自身に考える力がつくので、おすすめ!!

どーの先生
どーの先生
だけど最初の方は、とんちんかんなことを言っていたりします(笑)

繰り返しになりますが、根気強く続けることが重要です。

人の話を聞かないでしゃべり続けてしまう

こちらの質問に対して全く関係のない返事が返ってきたり、そもそも、話を聞いていないなんてことがあります。

どーの先生
どーの先生
この子たちは口が動く限り永遠と話しています(笑)

上記の一方的に話してしまう、話の内容がコロコロ変わるといった特性と併用して現れることが多い気がします。

どうしたら話し続けないか

子どもの目を見て、こちらの伝えたいことを伝えましょう。

この場合考えられる原因の1つとして、視界に周りの人がいない状況になっている可能性があります。

なので、子どもの目を見て話すことが重要。

どーの先生
どーの先生
実際に目を見て話をすると90%くらいは指示が通ります。

ですが、注意しなければいけないのはなかなか目が合わないこと。

目が合っていなければ、いくら話をしても、意味ないです。

先生の話に割って入ってしまう

他のお友だちと話をしているときに、「先生」とか「先生」とか「先生」とか、取りあえず、先生、先生と言われます(笑)

自分都合で話をするので、こちらの言葉に「わかった」と反応するけど、すぐに同じことを繰り返します。

どーの先生
どーの先生
このような子にはどのように対応すれば良いのでしょうか?

話を割って入られないようにするためには??

私は適切な場合は反応するようにしていて、それ以外の時はスルーします。

そして、その後その事と1対1で関わるようにしています。

どーの先生
どーの先生
私の施設の子は少し、不安症というか、メンタルが弱い傾向にあります。

なので、性格的なところからも来ているような気がします。

だからといってずっと構うと、その子のためにはならないので、少し距離を置くように心がけています。

そのお陰か、少しずつ空気が読めるとようになっていきました。

これが正解というわけではありません。

試行錯誤してたどり着いた方法ではありますが、この方法が通用しない子もたくさんいます。

まとめ

今回はADHD特徴の中でも、衝動性について解説してきました。

ぶっちゃけた話、この方法を用いたからすべてに通用するわけではありません。

繰り返しになりますが、子どもにはそれぞれの個性があり、特性があります。

一番の解決策は、その子に合った適切方法を見つけ、支援することです。

この記事は方法を見つける1つのプロセスとして考えていただけると幸いです。

どーの先生
どーの先生
とは言え、この2年間の頑張りの集大成でもあるので、参考にはなると思っています。

まだまだ、学び足りないと感じる日々です。

ですが、子どもたちが安心して過ごしていけるように、これからも努力を重ね、有益な発信ができるように努めて参ります。

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。