子育て・保育

【発達障がい】ADHDの特性【二次障がいについて解説します】

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

当サイトを見ていただいたと言うことは、以下のことにお困りのなのではないでしょうか。

・ADHDってなに??

・発達障がいってなに?

・ADHDの子どもが陥りやすい二次障がいってなに?

どーの先生
どーの先生
今回は、発達支援施設で働いている私の体験を交えつつ、二次障がいについて話していきたいと思います。
この記事を読んでわかること

・発達障がいについて知ることができる

・障がい福祉に興味・関心が持てるようになる

・ADHDの子どもが陥りやすい、二次障がいについて知ることができる

とは言え、お前は誰だよ。という意見が聞かれそうなので簡単に自己紹介をして言いたいと思います。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・2年目から保育リーダーを任されている

・新卒1年目から児童発達支援施設で保育士として働いている

・2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

どーの先生
どーの先生
下記では私の経験をもとに発達障がいについてまとめていますので、あわせてご覧下さい。

では早速、ADHDの子どもが陥りやすい二次的な問題について詳しく見ていくことにしましょう。

ADHDの特性を持つ人が陥りやすい二次障がいとは何か??

ADHDの特性を持つ人が陥りやすい二次障がいとは以下の通りです。

①不登校

②引きこもり

③非行

④うつ

どうしてこれらのことが引き起こされるのでしょうか??

その背景には、子どもたちを取り巻く環境に問題があると考えられています。

どーの先生
どーの先生
次の章ではこの問題について詳しく見ていくことにします。

ADHDの特性を持つ人が陥りやすい二次障害が起こる原因

ADHDの特性を持つ子どもによる言動は、わがままや努力不足、しつけ不足によるものと誤解されることがあります。

周りの人からは善意の気持ちで責や厳しい練習をさせるかもしれません。

しかし、頻繫な責や失敗体験は結果的にその子を否定し、その子の自尊心を傷つけることに繋がります。

誤解によるかかわりにより子どもの自尊感情が傷つくことによって、二次障がいへと発展するのです。

どーの先生
どーの先生
子どもたちへのかかわり方の間違えによって、二次的問題に発展する。

二次障がいっていうのは先ほどお伝えした通り、①引きこもり②不登校③非行④うつなどのことを言います。

二次障がいを起こさないようにするためにはどのようなことに気を付ければいいのか

ADHDの特性を持つ子どもは、周囲を困らせてしまう行動をとってしまいます。

しかし、この行動っていうのは「脳からの正しい指示による自然な振る舞い」であり、決して故意にこのようなことをしているのではありません。

だからこそ、子どもが自信を失ってしまわないように、特性に配慮した環境を設定しなければいけません。

その配慮が、子どもが成功体験を積むきっかけになります。

周りの大人や支援者が「大好きだよ」「とても大事にしているよ」などの子どもを肯定する言葉を繰り返し伝えることも重要です。

ADHDを含めた発達障がいを持つ子どもは、その強い個性のために周囲と折り合いをつけることが難しい場合があります。

つまり、人と上手な人間関係を作っていくことが苦手なのです。

そして、一番気を付けなければならないがあります。

ADHDの特性を持つ子どもと関わるときはしかったり、注意するのではなく、子どもが何に困っているのか、どうしたらそれを和らげられるかを具体的に考えていく必要があるのです。

どーの先生
どーの先生
最後に具体的なかかわり方のポイントをお話ししていきます。

皆さんのかかわり方ひとつで子どもの将来は大きく変わっていくのです。

ADHDの特性を持つ子どもと関わるときのポイント

最後はADHDの特性を持つ子どもと関わるときのポイントを解説していきます。

ADHDの特性は大きく分けて3つありました。

それは以下の通り。

ADHDの3つ特性

①不注意

②多動性

③衝動性

どーの先生
どーの先生
詳しく知りたい方は、下記のリンク記事をご確認ください。

私が発達障がいについて勉強した本のリンクも貼っておきます。

とは言え、このままではなにも解決されないので少しだけ解説します。

不注意の特性を持つ子どもと関わるときのポイント

不注意とは必要なものをなくしてしまったり、外からの刺激ですぐに気にがそれたり、いつもぼーっととしている子どもの特性でしたね。

ポイントは2つ

必要なものは親も一緒に確認すること

刺激を少なくすること

どーの先生
どーの先生
刺激を少なくする方法は課題部屋を作ったり、おもちゃなどを片付けるという方法があります。

子どもに合った方法を試してみてください。

多動性の特性を持つ子ども子どもと関わるときのポイント

多動性とはじっとしていられなかったり、しゃべりだすと止まらない子どもの特性のことでした。

ポイントは2つ

動ける時間を設けること

何らかの役割を持たせること

どーの先生
どーの先生
○時になるまでは遊んでもいいよ。だけど、△時になったらお片付けしてね。といった感じに先の見通しを立てるといいと言う話でした。

他にもいろいろな言葉がけがありますが、ここでは省略します。

衝動性の特性を持つ子ども子どもと関わるときのポイント

衝動性とは思いついたことをすぐに行動する、順番が待てない、思いついたことをすぐに話してしまうなどの特性です。

ポイントは2つ

焦らずにおおらかな気持ちで関わること

思い出し気づかせる言葉がけ

どーの先生
どーの先生
前もって約束をして、子どもに気付いてもらえるような環境を作ることが大切でした。

他にも、順番待ちの時は周りの子が見えていない時もあるので、周りを一緒に確認するのも効果的でした。

子どもの特性に合わせて、支援方法を変更しましょう。

まとめ

今回はADHDの特性を持つ子どもの二次障がいについて話してきました。

二次障がいとは、子どもを取り巻く環境から生まれる心の問題でした。

それには以下のようなことが挙げられます。

二次障がいとは

①不登校

②引きこもり

③非行

④うつ

繰り返しになりますが、これらが起こる原因は子どもを取り巻く環境から起きることがわかっています。

二次障がいが起こる原因

・頻繫な責や失敗体験をすること

・誤解によるかかわりにより子どもの自尊感情が傷つくこと

これらのことは発達障がい・ADHDの特性を知ったうえで適切な支援方法をとることによって、緩和することができます。

どーの先生
どーの先生
皆さんのかかわり方ひとつで、子どもたちの生活は大きく変わるのです。

最後まで見ていただきありがとうございました。

ADHDの特性について詳しく知りたい方はこちらよりご確認ください。

 

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。