子育て・保育

新卒で児童デイサービスで働くのはあり、なし?【体験談を解説】

新卒1年目から児童発達支援施設で保育士として働くことについて

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事は下記のような方向けに記事を書いています。

・保育士を目指している学生

・就職を控えている学生

今回は、あまり聞きなじみのない児童デイサービスで働くことについて解説していこうと思います。

どーの先生
どーの先生
私の体験談をもとに、皆さんの将来を真剣に考える手助けができると幸いです。

早速今回の結論。

結論ですが、新卒は児童デイサービスで働くことをやめたほうがいいでしょう。

このような主張をしても、こいつ何言ってるの?と思われると思います。

なので簡単に、私の自己紹介をしていきます。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・2年目から保育リーダーを任されている

・新卒1年目から児童発達支援施設で保育士として働いている

・2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では、新卒は児童デイサービスで働くことをやめたほうがいいでしょう。について詳しく解説していきます。

新卒で児童デイサービスで働くことをやめた方がいい理由

繰り返しますが、新卒は児童デイサービスで働くことをやめたほうがいいでしょう。

どうしてここまで強く主張するのか。

それには下記のような理由があります。

・保育士としてのスキルが育たない

・他の専門職たちとの意見の衝突が多い

・思い描いていた保育士の働き方とは違う

以上のような理由から、新卒保育士として働くための環境には、適していないことが挙げられます。

とは言え、これだけでは説明として不十分ですので、話を深掘りしていきます。

発達支援施設で就職を考えている方は、こちらの記事をどうぞ。

これらはすべて体験談ですので、参考になると思います。

保育士としてのスキルが育たない

保育士として活躍していくためには、保育士としてのスキルが必須です。

保育士スキルとは、子どものことを見ること以外にも、事務的なこと、連絡帳の書き方、年齢に合った声かけやかかわり方など。

知っていないといけないことがたくさんあります。

基本的には、学校で基礎を学び、現場で知識を活かして自分なりのスタイルを獲得していきます。

しかし、児童デイサービスで働いて、自分のスタイルを見つけることは難しいと言えます。

理由は主に下記の2つがあります。

・保育士の数が圧倒的に少ない

・保育士以外の専門職が活躍している

保育園や幼稚園などで、経験を積んでいるとある程度信頼してくれます。

しかし新卒保育士だと中々、思うようにはいきません。

社会的な立場はまだまだ厳しいものがあります。

どーの先生
どーの先生
保育士から学ぶことはたくさんあります。

今までの経験を話してくれたり、現場での対応など、ためになることがたくさんあります。

他の専門職たちとの意見の衝突が多い

児童デイサービスで働いていると、保育士以外にも色々な職種の方と働くことになります。

主な働いている人を上げると、下記の通りになります。

・児童指導員

・児童発達管理責任者

・OT、PT、STなどのリハビリ職員

・看護師

・保育士

だいたい働いているのがこのような感じになります。

どーの先生
どーの先生
ほかにも色々な人がいるのですが、ザックリとこのような感じです。

リハビリ関係の職種の方はその人たちの考え方があります。

当然、看護師には看護師の考え方があります。

そう言った、専門職同士のトラブルが常に付きまとっているのが現状です。

詳しくは下記記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。

どーの先生
どーの先生
意見が食い違って、思うようなことができないことがたくさんあります。

思い描いていた保育士の働き方とは違う

基本的に保育園などで働く場合、先輩保育士からアドバイスをもらいながら成長することができます。

しかし、児童デイサービスで働く保育士はそのような機会に恵まれるのは稀です。

なぜなら、児童デイサービスで働いている保育士の数が、極端に少ないからです。

このような保育士になりたい。

○○先生のようになりたい。

と、色々なことに期待を膨らませていたことと思います。

しかし、実際は色々なことを考えながら学ぶことができず、自分の力で自分の道を切り開いていかなければいけません。

児童デイサービスで働くのであれば、楽をしようと考えず、自分の力で進んでいくという強い気持ちが重要です。

下記記事では、自分の体験談をもとに1年目保育士の在り方について解説しています。

どーの先生
どーの先生
この考え方が、今の自分につながっています。

反対意見にお答えします

こういった話をすると、色々な反対意見が聞かれると思います。

今回は、この中から下記の3つに焦点を当てて、詳しく解説していこうと思います。

その3つは下記のとおりです。

・保育士以外にも学ぶことができる人はたくさんいる

・専門職の人とうまく手を取れば、いいものができる

・思い描いていた働き方と違うとどうなるのか

どーの先生
どーの先生
これらは、新卒で入社した時に私が考えていた理想の話です。

しかし、現実はそんなに甘いものではないと思い知らされることになるのでした。

では順番に、これらについて解説していきます。

保育士以外にも学ぶことができる人はたくさんいる

保育士以外にも、凄い人って言うのはたくさんいます。

しかし、現役保育士の私がこの人凄い!っと感じる人は、児童デイサービス以外の仕事をしている人がほとんどです。

考えられる理由は2つあると私は感じています。

・自分の指導方法を後世に伝えたい

・児童デイサービスでは自分の思いがほかの職員に伝わらない

自分がどれだけ良質な保育を考えていても、周りの方が協力してくれなければ成り立ちません。

周りの職員の温度が低ければ、成り立たないことがほとんどです。

とは言え、尊敬できる人や、学びになる人もいるので、盗めるところはしっかりと盗んで成長につなげるといいでしょう。

どーの先生
どーの先生
ちなみに私が尊敬していた保育士は、2番目が原因でやめていきました・・・。

専門職の人とうまく手を取れば、いいものができる

ほかの専門職の人とうまく協力できれば、ほかにはない素晴らしいものができるという意見があります。

おっしゃる通りなのですが、結論から言って、まず不可能です。

確かに手を取り合えば、すごく素晴らしいものができると確信があります。

私もそうなればいいなと思い、行動をしてきました。

しかし、ほかの専門職の方にもプライドがあり、それを崩してまで協力してくれることはありません。

事業所が小さい時はいけるかもしれませんが、新しい職員が入ってくるとそれを維持し続けるのはかなり厳しいです。

別々の考え方を持つものが、同じ価値観を共有して仕事をするのは不可能なのだと感じました。

どーの先生
どーの先生
しっかりとした教育環境があればできるのでしょうが、児童デイサービスはそこまで発展していません。

思い描いていた働き方と違うとどうなるのか

結論ですが、働く気力を失います。

○○ができるような先生になる。と目標を持ったものはいいけれど、それに近づけない環境だとモチベーションの低下は避けられません。

当然のことながら、その様な精神状態では仕事もうまくいかず、ドンドン孤立していきます。

結果、仕事に行くことができず辞めてしまうことになるでしょう。

やはり、職場選びはとても重要なことだと思います。

自分の目でしっかりと判断して、ここならと思える場所を選びましょう。

どーの先生
どーの先生
自分が目標にしているところはどこなのか。

しっかりと自己分析をすることは大切なことです。

保育士は経験がものをいう仕事であると断言することができる

今回は、新卒は児童デイサービスで働くことをやめたほうがいいでしょう。と言うことについて話してきました。

自分なりの思いがあり、児童デイサービスで働くと決めたのであれば止めません。

しかし、保育園はしんどい。

児童デイサービスは楽そう・・・。などの安易な気持ちで仕事を選ぼうとしているのであれば、考え直した方がいいでしょう。

長い人生を保育士として生きていかないのであればいいですが、子どもが好きで保育士の資格を取得した方がほとんどでしょう。

子どものためにも、あなたの可能性を捨てないでほしいと思います。

私は、児童デイサービスで働きたいと感じて就職をしました。

苦しい思いもたくさんしてきましたが、後悔はしていません。

しかし、保育園などで働き、経験を積んだ方がもっと質の高い保育を提供できたような気がします。

どーの先生
どーの先生
私は、新卒保育士は保育園で経験を磨いてから、児童デイサービスで働いてほしいと思っています。

その方が、自分のためにも子どものためにもいいと感じています。

詳しくは下記記事にまとめていますので、併せてごらんください。

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。