子育て・保育

【賢い子どもの育て方】保育士が選ぶシリーズ絵本で差をつけよう

こんにちは。保育士2年目のどーの先生(保育士ブロガー)です。

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

このページを開いてくれたと言うことは、絵本探しに困っているのではないかと思います。

色々な絵本がたくさん出てきて、何を買ったら良いかわからない。

このような経験をしている人は多いと思います。

さて今回は絵本探しにお困りのあなたに朗報。

現役保育士が選ぶ施設で活躍している絵本を紹介します。

シリーズ化している本を選んでいるので、子どもがなじみやすいです。

とは言えお前は誰だよ。と言う声が聞こえてきそうなので簡単に自己紹介をしていきます。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・新卒から今まで、絵本を毎月1冊以上買っている

・週に5日必ず絵本を読んでいる

・合計購入絵本数40以上

絵本の読み聞かせの際に、子どもの様子を見ながらおすすめの絵本を選んでいるので、ある程度の信頼性に繋がると思います。

では早速見ていくことにしましょう。

だるまさんシリーズ

最初に紹介したいのは、かがくいひろしさん作のだるまさんシリーズです。

この絵本は私が働いている施設でも大人気で、この絵本が出てくると大騒ぎになります。

内容としましては、かわいいだるまさんが揺れながら、色々なアクションを起こす。というものになっています。

読み手がだるまさんの真似をすることで、子どもたちが一緒に真似をして、「どてー」と言ってだるまさんになりきっています。

私は、運動会や運動などの盛り上げたいときに導入として使うことが多いです。

静かにしてほしい時に読んでしまうと、盛り上がりすぎて次の活動に進まないことがあるので注意が必要。

どーの先生
どーの先生
とは言え、この3冊は非常に優秀で買って良かった絵本NO.1です。

買って後悔しない1冊となっています。

とは言え、一度に3冊も買って後悔したくない。という意見も聞かれると思うので、この中から1冊ずつピックアップしていきます。

どーの先生
どーの先生
私(現役保育士)がどのようなときに使うか、その用途なども知っていただけるといいかなと思います。

だるまさんが

まず、真っ先に買っていただきたいのが、こちらの「だるまさんが」になります。

なぜこの本を押すのかというと、子どもにわかりやすく、そして、集中して見ることができるように工夫されているからです。

この本が正直にいって一番盛り上がります。

どーの先生
どーの先生
おおきなビッグ絵本も出ており、施設でも大活躍です。

だまされたと思って買ってみて下さい。

後悔はさせません。

だるまさんの

次に買ってほしいのは「だるまさんの」になります。

 

この本は手遊びにつなげることができる一冊となっています。

どーの先生
どーの先生
具体的には、【あたま・かた・ひざ】の手遊びや【大きな栗の木の下で】があげられます。

なぜかというと、身体を触る物語になっているからです。

絵本の後に手遊びをすることで、遊びの幅が広がります。

ママ友たちと差をつけるテクニックです。

どーの先生
どーの先生
この方法は保育士が保育を行う時のテクニックの1つです。

気になった方は今すぐチェックしよう。

だるまさんと

最後に買っても困らないのは「だるまさんと」になります。

この絵本は、お友だちと仲良く遊べるようになってきたり、お友だちに興味を持ってきたときに読んでほしい一冊となっています。

どーの先生
どーの先生
なので、購入タイミングは少し遅くても大丈夫です。

とは言え、心あふれる絵本に変わりは無く、施設の子どもたちにも大人気です。

買っておいて損はない1冊になっています。

くれよんのくろくんシリーズ

次は少し年齢が上がってきて3~5歳の子どもに読みたい絵本です。

くれよんのくろくんシリーズです。

色にも興味を持つことができるし、内容もおしろい。

どーの先生
どーの先生
子どもたちも「くろくんみたい」と言っていつもおねだりしてきます。

ただ、対象年齢が少し高めなので、今はお休みしています。

いきなり4冊買うと少し値段もするので、私がおすすめする順に1冊ずつ絵本の良いところを紹介していきます。

くれよんのくろくん

まずは最初に読んでほしいのは何と言っても「くれよんのくろくん」です。

繰り返します。

一番最初に読んでほしいのは「くれよんのくろくん」です。

ここがなんと言って一番感動する話で、くろくんの気持ちを理解することができます。

この話をきっかけにどんどん続編が出てくるので、この絵本をまずは買ってみて下さい。

どーの先生
どーの先生
子どもたちは「赤が好き」とか「青が好き」とよく言っているけど、この絵本を読むと「くろが好き」と口を揃えて言います(笑)

くろくんシリーズのなかでも特にお気に入りの1冊です。

くろくんとふしぎなともだち

次は「くろくんとふしぎなともだち」です。

この絵本はお友だちと仲良くなってきたときに読んでほしいなと思います。

どーの先生
どーの先生
友だちと喧嘩した。と落ち込んでいるときに読むのも効果ありです。

友だちとの絆をテーマにしているので、これを機に仲直りをしたりするきっかけを掴むことができるかも??

詳しい内容は絵本を読んでみて下さいね。

くろくんとちいさいしろくん

次におすすめするのは、「くろくんとちいさなしろくん」です。

兄弟が生まれたときに読むと良いかなと思います。

どーの先生
どーの先生
少し内容が難しいので、うちの施設の子どもは・・・となりながらも聞いていた感じになります。

4~5歳くらいの子どもにはいいかなという感じです。

少し難しいのでおすすめ度はあまり高くないです。

持っていないのでわからないですが一応紹介します。

最後に紹介したいのはくろくんとなぞのおばけ」になります。

内容がわからないので、どのようなところが良いのかわかりません。

くろくんシリーズということで載せています。

どーの先生
どーの先生
購入して子どもの反応をみてからからレビューしていきます。

おすすめ度は不明・・・。

まとめ

今回はシリーズ系の絵本を紹介してきました。

小さい子用に絵本を探しているのであれば、だるまさんシリーズ。

大きい子用に絵本を探しているならくろくんシリーズがいいと思います。

私はこれらの絵本を自分のお金で買っているので、子どもが生まれたときに読もうと思っています。

ちなみに、R1.8.15日に第一子が誕生予定で、凄く楽しみにしております。

どーの先生
どーの先生
周りの人からは親馬鹿になりそうと言われてます・・・。

子どもってかわいいですよね。

子どもの喜ぶ顔が見たくてつい、何冊も買ってしまいますが、賢い子どもを育てるのに、絵本は非常に優秀だと思います。

どーの先生
どーの先生
たくさん絵本を読んで良い関係を築いて下さいね♪

だるまさんシリーズはこちら。

くろくんシリーズはこちら。

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。