子育て・保育

【保育士を目指す学生必見】雑魚にならない5つのステップ

保育士5つのステップ

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事を見てくれていると言うことは、このようなことでお悩みではないでしょうか?

・保育士として働けるのか不安

・スキルを上げたい

多分上記のことが気になっていることでしょう。

どーの先生
どーの先生
今回はこのような悩みを解決していこうと思います。

この記事を読むことでわかること

・学生の間に取り組んでおきたいスキルを上げる5つのステップがわかる

・スキルを磨くメリットがわかる

とは言えお前誰だよ。と反論が来そうなので簡単に自己紹介をしていきます。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・2年目から保育リーダーを任されている 

・新卒1年目から児童発達支援施設で保育士として働いている

・2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では早速本題に入っていきます。

雑魚保育士にならないためにやっておきたい5つのステップ

少し言い方は悪いかも知れませんが、保育士の中には雑魚保育士がいます。

少し例を挙げるとこのような感じ。

・子どもの特徴が分からない

・保育設定の質が悪い

・支援方法が適切ではない

素人丸出しなんですが、普通に保育士として働いています。

私は、皆さんがこのような保育士ならないために、自分の経験を生かし、これだけはしておいた方が良い5つのステップを紹介します。

・絵本を買うこと

・ピアノを弾くこと

・手遊びのレパートリーを増やすこと

・バイトはセーブすること

・学校の勉強はほどほどでいいこと

私は保育士になってから絵本を買うこと、ピアノを弾くこと、手遊びのレパートリーを増やすことに取り組み、2年間で4万円の昇給に成功。

新卒雑魚保育士を卒業し、僅か2年で色々な仕事を任されるまでに成長しています。

このステップを踏むことで自信を持って保育に取り組めるので、楽しく働けることはもちろんのこと、成果も上げることができると言うわけです。

とは言え、難しいことなんでしょ。

と思われるかも知れませんが、そのようなことは一切ございませんので安心して下さい。

どーの先生
どーの先生
ただし少し根気は必要になるので、そこまで力を入れることができないと思う雑魚保育士予備軍の方はブラウザーバックをお願いします。

月に1冊絵本を買うこと

学生の間にできる1つのステップとして、絵本を書くことをおすすめしています。

なぜかというと、絵本を通して保育設定を考えることができるし、絵本の読み聞かせの練習をすることで、質の高い読み聞かせができるようになるからです。

私も学生時代にこのことを先生に言われていました。

しかし【そんなことは嘘だろ】と思い、行動を避けていた過去があります。

結果、保育士になってから絵本を買うことになり、現在でも続いています。

絵本を買うことにはもう一つメリットがあります。

それは、自分の子どもが生まれたときに読んであげることができると言うことです。

絵本の読み聞かせをすることで賢い子どもが育つとも言われています。

どーの先生
どーの先生
おすすめ絵本は下記にリンクを貼っています。

絵本選びの参考にどうぞ。

ピアノの練習は毎日10分でコツコツ積み重ねよう

私は専門学校に行くまで、楽器というものにほとんど触ったことがありません。

触ったことがあるのは、リコーダー、鈴、太鼓、カスタネットなど義務教育で使うもののみ。

当然楽譜は読めないし、拍子なんかもわかりませんでした。

そんな私でしたが、専門学校に通っている間に少しピアノが弾けるようになりました。

そして、就職してからも毎日30分ほどコツコツ練習を積み重ね、気付けば簡単なリトミックなら弾けるまでに成長しています。

練習しておくべき曲は子どもの歌や季節の歌

どーの先生
どーの先生
バイエルやブルグミュラーなどは専門学校に行くと弾かされ、かっこよく見えますが実用性は皆無。

子どもの歌や季節の歌にフォーカスしている方が時間の節約にもなるし、実用的です。

家にピアノがない人は、電気屋さんやAmazonなどで売っている電子キーボードで練習すれば大丈夫。

高額なお金を払う必要は全くないです。

本なども同様に教科書で十分。

無駄なお金は使わないであるものを使いましょう。

手遊びのレパートリーを増やそう

保育時間にはほかの子どもを待っている時間があります。

トイレをしている時間だったり、移動している時間だったりあるのですが、その短い時間を有効活用することができるのが手遊びです。

代表的なもので言うと「はじまるよ」「ひげじーさん」「さかながはねて」などがよく知られているところでしょうか?

私も学生時代は30こ以上授業で習いましたがほとんど忘れてしまいました。

なので、繰り返し使って覚えるようにしておきましょう。

少しレベルアップした話になると、手袋シアターというものがあります。

手袋シアター
 

上記の写真のようなものなんですけど、歌にあわせて動かすことで視覚からも情報が入るので、模倣が難しい子どもでも楽しむことができます。

この本に載っていどんな色が好きはかなりおすすめ。

多少作る手間はかかりますが、誰でも知っている歌なので子どもたちもすぐに楽しめます。

どーの先生
どーの先生
作る材料は100均で揃えることができるので、コストも低く抑えることができますよ。

バイトはほどほどに

バイトをする必要性はほとんど感じません。

とは言え、携帯代や遊ぶお金が必要だよ。という意見も聞かれると思います。

実際に私もアルバイトをしてきましたので、その気持もわかります。

なので、ほどほどに頑張れば良いでしょう。

ぶっちゃけた話になりますが、学生時代にどんだけバイトを頑張っても年間120万円までしか稼ぐとことができません。(税金の関係上)

ですが、保育士として働けば年間300万円以上稼ぐことが可能です。

昇給が早ければその差はどんどん広がります。

何が言いたいかというと、保育士になれば学生時代のバイト代など1年で稼げると言うことです。

どーの先生
どーの先生
学生時代の貴重な自由な時間をバイトに使うのは勿体ない。

バイトはセーブして、必要な分を稼ぐ方が後々後悔しなくて良いと感じています。

学校の勉強はほどほどで大丈夫

学校の勉強って言うのはほとんど役に立たないので基本スルーで大丈夫です。

ですが、子どもとの関わり方・障がい・年齢ごとの発達段階・保育士のスキル的な勉強に関してはしっかりと聞きましょう。

要は子どもと関わる上でのスキルが必要なので、そのスキルについて詳しく学んでいけばいいでしょう。

とは言え、テストの時にどうするんだよ。という意見が聞かれると思うので反論します。

60点取れるようには勉強はしておいてください。

ですが、保育士の資格は国家資格なのに国家試験はありません。そして卒業と同時に資格をもらえるので、詳しくなる必要はあまりないと個人的には思っています。

まとめ

今回は雑魚保育士にならないようにするために、学生の間から取り組んでおいた方がいい5つのステップを紹介してきました。

取り組んでおきたいことは以下の通り。

・絵本を買うこと

・ピアノを弾くこと

・手遊びのレパートリーを増やすこと

・バイトはセーブすること

・学校の勉強はほどほどでいいこと

学生時代は、保育のスキルが上がるような取り組みをすることで現場に出たときに役に立ちます。

また、絵本・ピアノ・手遊びはその人の武器にもなります。

武器が多いと保育の幅が広がるだけではなく、自信を持って取り組むことができ、色々なことに積極的になれます。

そうなることで周りからの評価はどんどん上がっていき、結果昇給に繋がったり、昇進したりするのです。

どーの先生
どーの先生
新卒は「使えない」と言わせないためにも日頃から少しずつ取り組みましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。