お金について

【月収が少なくても貯められます!!】保育士が実践する貯金するコツについて【Part2】

低収入でも貯金ができる方法について解説


こんにちは。現役保育士のどーのてぇんてぇー(@保育士ブロガー)です。


H31.4月より保育士歴3年目になります。


本当に月日が過ぎるのが早く、これからどうなるのだろうかと将来を見据えて行動しています。

さて今回は前回の続きをお話ししていきます。

前回の記事はこちら。



貯金するコツはわかっていただけたと思いますが、貯金しながらも過ごしやすい家に住みたいと思いませんか?

私は休日、家で大半の時間を過ごしています。

なので家庭内には凄く気を使っていて、自分の納得のいくものを揃えています。

その中には家具家電もチラホラ。

でも、家具や家電を買うとお金がかかってしまいますよね。

でも安心してください。

1年で100万円貯めた私が、貯金しつつも欲しいものを買う方法を伝授します♪


この記事を読むことのメリット



・貯金しながら欲しいものが買える



・貯金しながら生活を楽しむことができる


 


上記2つにフォーカスして話していきます。

この記事の信頼性。

 

どーのてぇんてぇーとは


・貯金0円から1年ちょっとで100万円貯めた

  

・生活の質を上げることができた


・理想の家庭生活を手に入れることができた


前書きはさておき、早速本題に入っていきましょう。

購入前に本当に必要かしっかりと考える

考える


まずは本題の核心に迫っていきましょう。

貯金しながら欲しいものを買う方法は、本当に必要な物かを見極めることが大切です。

具体的な話をしていくと欲しいものを書いて、なぜそれがほしいのか理由付けをしていくことで無駄な買い物を減らすことができます。

例えばこんな感じ欲しいものを書き出します。

・【買いたいもの】 炊飯器

・【理由】 米を1日に2回炊くのがめんどくさい

・【優先度】 ★

 

・【買いたいもの】 タンス

・【理由】 服を片付ける場所がない、掃除ができない

・【優先度】 ★★

 

・【買いたいもの】 洗濯機

・【理由】 壊れて動かなくなった

・【優先度】 ★★★

 


という感じで必要なものを書き出していきます。

このように書き出してみると、誰の目から見ても必要なものは洗濯機であることがわかりますね

つまり優先順位をつけて必要なものから順番に買っていくことが貯金しつつ、家庭内を豊かにミソです♪

ここで問題になってくるのが金額ですよね?

洗濯機を買いたい場合、私ならどうするかを具体的には話していきます。

必要なものにはお金を惜しまない

お金を使う


今本当に必要なものは洗濯機ということがわかりました。

では、どのようなことに気をつけて洗濯機を買うのがいいのでしょうか?

私はとにかくお金を惜しまず、トコトンこだわれ!!です。

せっかく大きな買い物をするならば今までの不満な点を解決して、最高のものを買った方が長い目で見て貯金ができると考えています。

安い物を買って自分が満足しなければ、ストレスが溜まり発散してしまう。

過去にこのような人をたくさん見てきました。

後悔しないためにもお金を惜しまず、トコトンこだわった方がいいと言うことです。

こだわると言うことは値段は気にしてはいけません。

値段にとらわれてしまっては、買いたいものが買えません。

値段は気にせず好きなものを選び、購入するように心がけましょう。

ですが高性能な洗濯機を買うと10~20万円くらいはしますよね?

そのお金はどうするのかについて深掘りしていきます。

高額商品を買うときは、資金の回収が終わるまで他のものを買わない

お金使わない


洗濯機の購入予算が5万円だったとしましょう。

そして毎月節約して1万円購入資金に当てることができたとします。

そこで、15万円の洗濯機を買うことにしました。

差額の10万円をどうするかというと例を元に解説します。

私は、貯金していたお金から不足分を出します。

この例だと10万円を貯金額から当てます。

このときポイントになるのは取り出した10万円が貯まるまでは次の買い物をしないということです。

毎月購入資金が1万円入ってくるので、それをコツコツ返していく手法をとります。

10カ月と言う月日はかかりますが、キチンと返済することができます。

この手法を用いるとメリットが2つ生まれます。

1つ目は、貯金スピードは変わらないと言うこと。

2つ目は、次に購入したいものを見直すことができるということです。

1つ目に関しては、元々の貯金金額が2万円で購入資金の1万円を貯金に回すことになるので当然ですよね。

2つ目に関しては、生活していく中で他に欲しいものができたり、優先順位が変わることがあるからです。

そうなれば、あの時に○○買ったから買えないよ。

と後悔することもなくなります。

そして本当に必要なものを買うことで、達成感を味わい、次に購入したいものができたときに頑張れるようになるというわけです。

因みに私は同棲をしています。

そんな同棲生活の中でも、パソコン、掃除機、空気清浄機、暖房器具、タンスなどをこだわり購入してきました。

ちなみにこれは、自分大金の範囲で買っています。

本題のポイントは、必要なものを見極め、お金を惜しまずこだわることで、よりよい生活環境にしようと言うことです♪

たまには贅沢をする!!欲を押さえるのは100%不可能です。

贅沢をする


とはいうものの我慢をすることも必要です。

ですがずっと我慢するのはコクなので、たまには贅沢をすることも必要ということについて話していきましょう。

私が限界になってきたときに行う贅沢は以下の通り。


外食をする


ボーナスを少し使う


へそくりを使う

 

などを中心にして、発散しています。

私が一番コスパがいいと感じているのは、回転寿司に行くことですね♪

2人で食べても4000円くらいですし、満足感も得られます。

そして気持ちを切り替えて、また頑張ろう!!と思わせてくれるのも評価が高いです。

月に4000円なら自分のお小遣いからでも出すことができるし、少し残業したら稼げます。

ちょっとした贅沢で気持ちをリフレッシュさせて貯金に励む。

これを繰り返すことで自然とお金が貯まっているという環境が貯金するコツだと思います。

あと毎回必ず贅沢する時があってそれは、ボーナスの時ですね(笑)

例えば手取りボーナスが53万円だったら3万使う。

57万だったら2万使うといった同じで端数を自分たちで使うようにします。

するとモチベーションが保たれて、貯金に意欲的になることができます。

ちなみにボーナスも支給日に全額引き出して、端数以外は貯金口座に突っ込みます♪

このように、贅沢を小出しにして貯金を楽しんでいます。

我慢は続かないですからね。

ここでもポイントは、貯金するお金が減るような贅沢・貯金を使う贅沢は、貯金をするという目的に反するのでやめた方がいいということです。

まとめ

まとめ


ここまで、貯金をしつつも欲しいものを手に入れる方法について話してきました。

最後に要点をまとめて終わりにしたいと思います。

貯金しながらも欲しいものは買える方法


本当に必要なものから見極め


欲しいものに優先順位をつける

適度にお金を使ってガス抜きをする

 

はっきり言って無理して貯めたところで、反動で必ずお金を使ってしまいます。

これは私も経験したことなので間違いないでしょう。

そうならないためにはどうすればいいかを考えたときに、上記3つの結論に至ることができました。

この方法を試してから、家庭の質も上がったし、貯金もどんどんと増えていきました。

最初は苦しい時もあると思いますが、将来の自分のためにも大切なお金を残しておいてください。

皆さんの生活が豊かになることを願いっています。

最後まで見ていただきありがとうございました。



保育士ランキング
ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。