子育て・保育

【新人保育士必見】保育士に最低限必要なスキルを伝授します

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事を見てくれていると言うことは、このようなことでお悩みではないでしょうか?

・保育士に必要な技術スキルを知りたい

・先輩保育士からのアドバイスがほしい

多分上記のことが気になっていることでしょう。

嫁
新人保育士って覚えることが多すぎて、最初は怒られてばっかりですよね。

どーの先生
どーの先生
そこで今回は、先輩保育士をぎゃふんと言わすことができるスキルを伝授します

とは言え、保育士スキルを磨く前に必要なこともたくさんあります。

まずは書き記事からできることを増やしておきましょう。

早速今回の結論に入ります。

結論ですが最低限必要なスキル3つを磨いていれば大丈夫です。

とは言えお前誰だよ。とか、この話は信頼できるのか。

などの反論意見が聞かれると思いますので、簡単に自己紹介をしていきます。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・2年目から保育リーダーを任されている

・新卒1年目から児童発達支援施設で保育士として働いている

・2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では、今回の結論である最低限必要なスキル3つを磨いていれば大丈夫。について詳しく解説していきます。

新人保育士に最低限必要なスキル

基本的な社会人スキルを磨くことができれば、次におすすめしたいのは下記の3つのスキルを磨くことです。

・日案を書くことができる

・年齢にあった保育ができる

・子どもの気持ちを理解することができる

上記の2つはスキルは学生時代から取り組むことができます。

最後のスキルは経験がものを言いますので、すぐにできるとは限りません。

どーの先生
どーの先生
これだけでは説明としては不十分ですので、上記の話を深掘りして解説していきます。

先輩保育士にかかる負担を減らすことができる

新卒保育士と働くことで、先輩保育士って言うのはかなり負担がかかります。

それは下記の理由から説明することができます。

・新人保育士を育てなければならない

・新しい環境になり、子どもが混乱している

・年度初めはやらなければならない事務作業が多い

上記を見ただけでもストレスを感じそうです。

だからって先輩保育士は新人保育士を見放すことはないでしょうが。

心の中では、育ててあげたい。一人前にしてあげたいと感じているのです。

しかし、その背景にはかなりストレスがかかっているので、そのストレスを取り除くことができれば、互いにWin-Winの関係を築くことができます。

どーの先生
どーの先生
先輩保育士も人間です。

相手を思いやる心を忘れてはいけません。

年齢にあった関わり方をする重要性

年齢にあった関わり方をすることで、子どもたちはもちろんのこと、先輩保育士側にもメリットがあります。

それは下記の通りです。

子どもへのメリット

・成長を促すことができる

・信頼関係を築くことができるから

保育士側へのメリット

・教えなければいけない仕事が減る

・子どもたちを任すことができる

保育士として上記のことは当たり前のことです。

しかし、新人保育士は経験不足から教えて貰いながら成長しようと考えています。

その姿勢でもいいと思いますが、先輩保育士の負担になっていることを忘れてはいけません。

勿論、子どもにとっては良いことではないですよ。

どーの先生
どーの先生
因みに、私は自信満々で関わっていてぼろかすに怒られました。笑

私のような人もいるので、どちらが正解かなんて誰にもわかりません。

子どもの気持ちを理解することで、信頼関係を築くことができる

保育士として持っておきたいスキルとして、子どもの気持ちを理解することが挙げられます。

すみません、こちらのスキルに関しては難易度が格段に上がります。

経験しないと理解できないこと、わかないことは必ずあるので、今は軽く触れておきます。

結論だけ言っておくと、子どもの気持ちを理解することができることによって信頼関係を素早く築くことができます。

どーの先生
どーの先生
保育士として、このスキルを持っているか持っていないかで天と地ほどの差があります。

先輩保育士を見ていて、どうして自分よりも早く子どもたちに好かれているのだろうか?

と疑問に思うことがあれば、それは上記が理由です。

とは言え、焦る必要はにのでコツコツ積み上げてスキルを磨いていけば良いでしょう。

具体例を出しつつ解説します。

理由について話してきましたが、少し具体例を出しつつ新人保育士のアピールポイントを解説していきます。

・日案を書くことができる

・年齢にあった保育ができる

・子どもの気持ちを理解することができる

上記3つのスキルが与える効果を確認していきましょう。

日案を作り、準備をするのにかかる時間は約2時間

日案を作り、一日の設定をしようとなると最低でも2時間はかかります。

どーの先生
どーの先生
保育園で働いていると、どうやって時間作っているんだろう・・・。と本気で思います。

私は施設で働いているので、あまり関係ないですが(笑)

要はその時間を分担したり、協力したりすることで半分にできたり、さらに減らすことも可能なんですよ。

新人保育士がこのスキルがないと、先輩保育士は新人保育士の教育をしつつ、日案を考え、準備もしなければならない・・・。

控えめに言っても吐きそうなくらいしんどいです。

どーの先生
どーの先生
施設では保育士の数が少ないので、基本的にすべての設定を1人でやっています。

2時間で終わらないことも結構あったりします。

年齢にあった関わり方をすることで、子どもの成長を促すことができるから

年齢にあった関わり方をすることは、子どもの成長を促す上でとても大切なことです。

これができていないとなると、1から説明をしなければいけません。

説明しなければいけないことの例を少し挙げてみましょう。

・環境構成

・発達段階にあった関わり方

・子どもの発達段階

・月齢による違い

大まかに分けるとこのような感じ。

どーの先生
どーの先生
細かく分けると1記事では収まらないのですみません。

子どもの人数が多ければ、説明することも増えるし大変さは一目瞭然です。

先輩保育士の負担が大きくなるのは理解できますね。

嫁
ある程度のことは自分で理解できるようにしておきましょう。

反対意見にお答えします

こういった話をすると、色々な反対意見が聞かれると思います。

今回は私が聞かれそうな反対意見をピックアップしてお答えしていきます。

考えられる反対意見は下記の通りです。

・日案に時間かかりすぎ

・年齢にあった関わり方が分からない

・いきなり子どもの気持ちを理解するのは難しい

では順番に解説していきます。

日案に時間かかりすぎ

日案に時間かかりすぎと思うかも知れませんが、割と事実です。

設定の内容や準備物などによってかなり左右されますが。

例えば製作の設定をした場合は、準備しなければならないものがたくさんあります。

・製作見本

・製作パーツ✕人数分

・道具

・日案の作成

・他の職員への共有

ざっくりと紹介ししていますが、それでも上記のようにたくさんあります。

どーの先生
どーの先生
製作パーツに関しては、重ね切りなどをすると早くできるかも知れませんが、ガタガタになるとやり直しになります・・・。

多分新人保育士なら、日案を先輩保育士にチェックしてもらわないといけないので、余計に時間がかかります。

子どもを安全に保育するには、それなりに時間がかかるのです。

どーの先生
どーの先生
施設保育士は1人で保育を回すので、そういった手間はかかりません。

ですが、責任がとてつもなく重いです。

年齢にあった関わり方が分からない

この質問に関しては、勉強しましょう。

としか言えません。

保育士養成校に通っているなら教科書。

独学で勉強しているならテキストを購入して、勉強するしかありません。

基礎をしっかりと押さえる。

これができるだけでも、新人保育士としては十分だと私は思っています。

どーの先生
どーの先生
何でも質問すると楽かも知れませんが、相手の時間を奪っていると言うことを理解しないといけませんよ。

いきなり子どもの気持ちを理解するのは難しい

これは経験がものを言うと思いますので、できなくても良いと思います。

いきなりこれができると、凄すぎて私たちの立場がなくなります。笑

学校で学んだテキストなんかには、具体例を出した問題が見られます。

それを学んでも良いのですが、子どもの性格などで対応は変わるので難しいところ。

極端な話10人子どもがいれば、10人違う対応をしなければいけないこともあるので。

いきなりここまで求められることはないと思います。

どーの先生
どーの先生
とは言え、このスキルを磨きたいと言うのであれば、子どもと関わるバイトをすると良いと思います。

繰り返しますが、経験がものを言いますので子どもとたくさん関わりましょう。

押さえておくべき保育士スキル3つある

今回のポイントを押さえていきましょう。

新人保育士が最低限持っておきたい保育スキルは下記の通りです。

・日案を書くことができる

・年齢にあった保育ができる

・子どもの気持ちを理解することができる

上記2つは学生時代に鍛えることができるかもですが、最後のスキルは実践でのみ鍛えることができるものだと感じています。

今回紹介したものがすべてではないので、その園にあった方法を取り入れましょう。

私も1年目から活躍できたわけではありません。

冒頭でも述べましたが、ぼろかすに怒られ成長してきました。

月日が経つに連れて、過去の自分を越えていけるように努力していきましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。