子育て・保育

【現役保育士も通った】保育実習ってなに? 

こんにちは。現役保育士のどーのてぇんてぇーです。

保育士を目指して専門学校に行っている人は多いことでしょう。

そこで、必ずと言っていいほどつまずくことと言えば実習ではないでしょうか?
もっと細かく言うと、実習日誌や部分実習なのではないでしょうか?

今回はそんな悩みを解決していけるように私の体験を踏まえて話していきたいと思います。

この記事を読むことのメリットはこちら

 

・実習日誌の書き方のコツがわかる

・設定保育のコツがわかる

 

以上のことが理解できるようになります。
どれか一つでも理解できれば実習への取り組み姿勢がかなり変わると思います。

しっかりと睡眠時間が取れるので、次の日も子どもたちとたくさんかかわることができ、保育士になりたいと強く感じることができるでしょう。

部分実習が成功するとモチベーションがかなり上がりますし、自信にもつながります。

様々な効果が期待できますので最後まで見ていっていただければいいなと思います。

この記事の信頼性。


どーのてぇんてぇーとは

①保育士歴2年

  

②2年目で保育リーダーを任されている

  

③実習日誌の書き直しがほとんどなかった

  

④施設で部分保育を何度も行っている

など色々と工夫を行ってきました。

専門学校で学ぶメリットデメリットに関しましてはこちらのリンクよりご確認ください。

では、実習について詳しく見ていきましょう。

 

実習までの準備

まずは実習までの間に準備をしなければなりません。

基本的なことは学校で教わっていると思いますがおさらいしていきましょう。

 

対象年齢児の成長を頭に入れておこう

まずは実習先に挨拶をしに行きます。

礼儀などは学校で学んでください。

この時に抑えておいてほしいポイントはこちら

 

実習先に挨拶に行って聞いておくこと

①対象年齢児

  

②設定保育の有無

  

③ピアノの練習曲

これらのことをしっかりと聞いておきましょう。

特に対象年齢児に関しては、設定保育を考えるうえで重要になってきますので、必ず押さえておきましょう。

対象年齢児が分かれば、その日から子どもの成長について復讐をしっかり行いましょう。

これらのことを意識して次のステップに移ります。

 

設定保育を考えよう

次は、設定保育を考えましょう。

対象年齢児を考えてどのようなことができるのか、どのような話し方をしなければならないのか、環境設定はどのようにしなければならないのか事細かに書き記していきましょう。

書き方については設定保育のコツで話したいと思います。

ある程度形ができたら、友だちや先生にみてもらうことをお勧めします。

自分から見えている形と第三者から見えている形は違います。

手間はかかりますが、しっかりとプランを立てて行動することが成功への近道になります。

 

設定保育のコツ

次は設定保育のコツについて話します。

設定保育で抑えるべきポイントは次の通りです。

 

設定保育で抑えるべきポイント

①自分にできることしかない

  

②子どもたち性格を見極める

です。

これらのことと設定保育の書き方のコツについて詳しく見ていきましょう。

 

自分にできることしかない

結論から言って慣れないことをしても、全くと言っていいほど結果は出ません。
なぜなら、その知識があなたにはないからです。

では、どうすればいいか。

今の自分にできることを必死にすることです。

例えばピアノが得意なのであれば、簡単なリトミックを取り入れてる。
体操が得意なのであれば体操を取り入れた設定を考える。
外遊びが得意なのであれば、外遊びを考えるなど自分の得意な分野で勝負しましょう。

設定保育の書き方

設定保育の書き方のコツとして想像力が大事です。

子どもの行動パターンは読めません。
その行動パターンをいかに書き示すかを考えなければなりません。

2歳の子どもを例に考えてみましょう

ピアノを使ってリトミックをしているとします。
急に子どもがトイレに行きたくなりました。
あなたならどうしますか?

・・・。

これ、突然起こると対応に困りますよね。

こういう不測の事態を想定して箇条書きで構いませんので書いていきましょう。
書き方はこんな感じで構いません。

活動内容

  

・10時 リトミック

支援方法

  

靴下を脱ぐ(滑って転ばないように)

  

子どもは2列に並ぶ

  

子どもに説明をする(具体的に動作を指示する)

  

トイレの時は他の先生に話して連れて行ってもらう

活動内容や支援方法は箇条書きで構いませんので書く欄のところに思いつく限り書き続けましょう。
思ったことをストレートに。

これが、書き方のコツになります。

 

子どもたち性格を見極める

これはハードルが高いのでできる人だけで大丈夫ですが、子どもたちの中にも優位性があり、リーダー格の子どもがいます。

この子をやる気にさせるように促せば自然と子どもたちは動きます。

見極めたり、信頼関係を築いたり、行わなければならないことがたくさんあるので余裕のある人は狙ってみてください。

 

実習日誌のコツ

実習日誌は先生や園によって書き方がまちまちです。

私が実習に行った時も1回目の園では良いよと言われていたことが、2回目に行った園ではダメと言われることになりました。

園によるので一概には言えませんが、少なくとも固有名詞(子どもや先生の名前)を出すことはしてはいけません。

スムーズに書くコツはとにかく今日したことをメモすることです。

振り返りの時なんかに「~の活動の後に行ったことは何ですか?どういう意図があって行ったのですか?」なんて聞くと相手の保育士さんも嫌な顔せずに教えてくれるようになります。

ずっと聞いてばかりいると愛想をつかされてしまうので休憩の時間なんかにまとめるようにしといて活動中もメモを忘れないようにしましょう。

一つ書き方の具体例

はじまりの会で手遊びをしていました。
このねらいは子どもを静かにさせて集中するためです。

ですがこの書き方では日誌としては不正解です。

正しい書き方は

○はじまりの会

  

・手遊びをする ~手遊びの名前~

支援目的

  

子どもが集中して話が聞けるように促す

  

声の大小を用いて切り替えがスムーズに行えるように導く

などがいいと思います。
子どもが主体となる書き方が重要です。
~できるように促す~が行えるように導くなど。

失敗例は
~する
。とかさせるなどの使いまわしは確実に訂正になりますので気を付けましょう。

環境設定の項目なんかは休憩中に部屋を見まわしたらある程度分かるのでメモしてなくさないようにしましょう。

それがあれば環境設定は乗り切れます!

 

まとめ

いろいろと話してきましたがはっきりと言って簡単に成功できるほど甘くはありません。

子どもは皆さんが考えているよりもはるか上のことを平気で行ってきます。

なので、あなたたちができることはそれらのことを想定して

 

①対応策を考えること

②家や学校で練習してみること

③先生たちに相談すること

 

以上のことが挙げられます。

1回目の実習で失敗してしまったとしても次に同じことを起こさないように復習しておきましょう。

復習方法はとにかくメモを取ること。

それはパソコンやメモ帳なんでもいいです。

とにかく書くことを意識してください

最初は本当にめんどくさくて鬱陶しいと思いますがこの経験は間違いなくこれからの保育士生活に必ず役に立ちます。
自分が保育士として活躍するためにも自己投資を惜しまず行ってください。

あなたを待っている子どもたちはたくさんいます♪

最後まで見ていただきありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。