どーの先生のプロフィール

はじめまして!

現役保育士のどーの先生(保育士ブロガー)です。

どーの先生の保育士ブログ】に興味を持っていただきありがとうございます。

プロフィールを見てくれていると言うことは、どーの先生にすこーしだけ興味がある人でしょう。

そのような人に、少しでも自分の存在を知っていただけるように、自己紹介をしていきます。

兵庫県尼崎市在中の24歳。

令和元年8月に息子が誕生しまして、妻と0歳の息子と3人で狭い狭い賃貸に住んでおります。

・自分のしたいことしかしない

・やりたいことを邪魔されたくない

・細かいことにうるさい

などなど、ゴミみたいな人間です。

いつも優しい妻に甘えながら楽しく生活させていただいて、感謝しています。

どーの先生
どーの先生
断っておきますが、一応仕事していますからね!

 

因みに奥さんは育休中でして、息子の世話をしてくれています。

息子の世話をしつつ、毎日弁当を作ってくれて感謝しかありません。

 

ブログを始めたきっかけ

ブログを始めたきっかけをぶっちゃけると、稼げると知ったからです。

 

嫁
早速のクズ発言。

 

どーの先生
どーの先生
最初はずぐに成果が出ると思っていました。

 

「自分の力を世界に知らしめるぞ!」

「俺ならできる!」

などなど、変な自信を持って2019年1月からブログを開始。

2019年現在、理想と現実は違うものだと思い知らされました(笑)

度重なる挫折に見舞われ現在に至ります。

とは言え、ただのクズではなく少しずつ進化してきたので、そのあたりをお話ししていきます。

嫁
汚名返上してね。

 

私利私欲のブログはいけなかった

ブログを始めたきっかけは、お話ししたとおり稼げると聞いたからでした。

それって結局、私利私欲のためにブログを媒体にして、お金稼ぎをしようとしていたわけです。

色々な人が言われているとおり、私利私欲のためのブログはマジで稼げない。

結局、負のスパイラルに陥ります。

稼げない

ブログが面白くない

ブログを読んでくれる人も面白くない

稼げない

こうやって負のサイクルを生み出していることに気付きました。

このままでいけないと感じた私は、考え方を変えることにしたのです。

 

考え方を変更した

ブログを書いていく上で必要な知識が足りないのかもしれない。

そう思った私は、色々な本をたくさん読んできました。

月に3~6冊ペースで、読み漁っていく中で感じたのが、人は自分の気持ちに共感してくれる人に信頼を寄せると言うことです。

恥ずかしながら、私には友だちと呼べる人はいなくて、基本的に自分の力で物事を解決していきました。

この方法が悪いとは今でも思っていません。

しかし私が今まで書いてきた記事の中には、相手を思いやる気持ちが欠けていました。

そこからは少しずつ行動を変えていきました。

・職場の人とのコミュニケーションを増やす。

・自分の知らない外の世界に踏み出す。

・自分から積極的に話しかける。

などなど、できるから行動を変えていきました。

すると、同じ職場の人から、過去の自分がどのように思われていたのか知ることができました。

自分が思っている周りの評価と、相手が思う評価の違いについて実体験で学ぶことができました。

 

再スタートを切った

仕事にしても、この記事の内容にしても相手のことを考えるように意識しています。

仕事は、子ども・保護者には優しく、同僚には冷たい感じでした。

なので、心機一転、異動願いを申請して無事に異動が決まりました。

ブログは、過去の私利私欲、自己満足記事を非公開にしました。

少しずつですが、本当の意味で新しいスタートラインに立てたような気がしています。

 

仕事内容

現役保育士なのですが、実は保育園では働いていません。

幼稚園でもなく、ベビーシッターでもありません。

私は、障がいを持っている子どもたちの支援をする仕事をしています。

未就学の子どもから、高校生の子どもまで色々な個性を持った子どもを見てきました。

なので、保育園や幼稚園に勤めている保育士とは少し視点が違う可能性もありますが、子ども第一に考え、ためになる情報を発信し続けます。

また、保育園や幼稚園に勤めている保育士にはない、障がいに関する知識はあります。

その強みを活かして、今後活動していこうと考えています。

自分の子どももいるので、健常児については息子の成長を見守りながら、学んでいこうと思います。

ベビーマッサージの資格も取得していますので、ベビーマッサージの資格を活かしつつ障がいを持った子どものサポートにも力を入れていきたいと考えています。

すこし、将来的な話も入りましたが、内容をまとめると

・現役保育士

・障がい児と関わる仕事をしている

・ベビーマッサージの資格を持っている

以上3点を抑えていただけたら良いかなと思います。

 

保育士になるきっかけ

保育士になろうとしたきっかけを話していきます。

私には年の離れた弟がいてまして、弟の影響が大きいです。

保育園へのお迎え、オムツ変え、遊びなどの経験を通して、自分の目の前で子どもが大きくなっていく姿に感動を覚えました。

その結果、子どものためになるために何かできることをしたい!

そう考えて、保育士になる決意をします。

学生時代には、色々な挫折を経験しましたが無事に保育士資格を取得して、現在の環境に至ります。

ベビーマッサージの資格は、自分の子どもが生まれたときのスキンシップのスキルとして学生時代に学びました。

 

さいご

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

どーの先生
どーの先生
少し汚名返上できたでしょうか?笑

このサイトでは、障がいについてや子育てを中心とした情報を発信していきます。

女性の視点と男性の視点では、違いが結構あったりします。

そのときは、妻の助けを借りながら、よりよい情報を届けていけるように努力します。

因みに妻も保育士でして、同じく障がいを持った子どもと関わる仕事をしています。

嫁
今は育休中ですが、来年には仕事復帰する予定です。

こんな2人が運営する当サイトで癒やされながら、少しでも役に立ったと言って頂けると幸いです。