子育て・保育

【保育士歴3年目】 保育士2年目の振り返り 【3年目の目標】

保育士2年目の振り返り


こんにちは。現役保育士のどーのてぇんてぇー(@保育士ブロガー)です。


新卒で働き始めてから早いもので、保育士歴3年目になりました。

どーの先生
どーの先生
浮かれることなく、今まで以上のことに取り組みたいと思っています。



今回は3年目になったと言うことで、保育士2年目の振り返りをしていきたいと思います。


保育士と言っても普段は、児童発達支援施設で働いていて、毎日発達障害の子どもたちと関わっています。


現場の状況を踏まえながら、これから保育士になる人、2年目の人に向けて話せたら良いなと思います。



この記事を読むことのメリット



・障がい福祉に興味を持つことができる


・保育士2年目の苦労がわかる



・保育士3年目の目標の立て方がわかる




この記事の信頼性。


どーの先生とは


・保育士歴3年

・2年目から保育リーダーを任されている 

・色々な企画に挑戦、携わることができた

・発達支援の子どものやる気を引き出してきた

・2年間での昇給額が4万円


保育士の中では異色の経験をしていると思います(笑)

前書きはさておき、早速本題に入っていきましょう。

保育士2年目の振り返り

振り返り



保育士2年目の振り返りをしましょう。

この1年を振り返って感じたことは、自分はもっと『成長する』ということです。

こんなことを書いている私ですが、色々なことに挑戦し成果を出してきましたが、その反面失敗することも多くありました。

基本的に、失敗することの方が多かったんですけどね(笑)

今回は大きな成功や失敗に焦点を当てて、話していきます。

良かったこと・成功したこと


まずは良かったことについて話していきます。

ざっくりと良かったことをまとめるとこんな感じ。

①他の職員から認められるようになった。

②色々な企画・仕事を任せてもらえるようになったこと。

③成功体験を積むことができたこと


ざっくりと言えばこんな感じです。

これらのことについて、詳しく解説していきますね♪

 他の職員から認められるようになった


1年目の私は、他の職員から距離を取られていて、なかなか打ち解けることが難しい状況でした。

新卒1年目、保育士経験0年、若い(当時21歳)。

こんな状況下に置かれながらも、努力していくことによって少しずつ認められるようになっていきました。

その方法はこちら↓



自分のことをしっかりと見てくれる先輩保育士がいたのも自分にとってはプラスに働きました。

ここの部分を押さえることで、ドンドン成長していくことができたんだなと感じます。

 色々な企画・仕事を任せてもらえるようになった


周りから認められるようになると、色々な企画・仕事が自分の元に舞い込んできました(笑)

最初の方は、雑用みたいなことをしていましたがどんどん取り組んでいくうちに考え方が変わっていきました。

具体的には、もっと仕事をうまくこなすにはどうしたら良いのかを思考していました。

結果が出るようになったのは最近なんですがね(笑)

このことについては、追々話していきます(笑)

 成功体験を積むことができた


最後は成功体験を積むことができたということについて話していきます。

自分が体験してきた中で、成長できたなと感じたことは以下の通り。

①運動会

②クリスマス会

③卒園式


この経験の中でも、運動会での経験が自分の中で初めて感触があったというか、成功ってこういうことを言うのかなと感じた瞬間でした♪

この感覚は言葉で伝えることは難しいんですけどね

悪かったこと・失敗したこと


次は、悪かったこと・失敗したことについて話していきます。


どーの先生
どーの先生
ぶっちゃけ、失敗から学ぶことの方が多いよ♪

色々な人が言っていることだけどね

どーの先生の反省点はこんな感じ。

 

①他の職員との連携不足

②自己決定の少なさ

③予想力の未熟さ


 だいたいこのようなことが挙げられます。


どーの先生
どーの先生
このことで怒られることが増えたよ(笑)


上記の件について詳しく解説していきますね♪

 職員との連携不足


会社に勤めているなら、ここは一番重要なことなのかなと思います。

イベントなどを例に挙げると、企画を立てる→伝える。

までは簡単にできるんですけど、その後でいつもつまずいている気がします。

もう少し掘り下げて話すと、何をしてほしいかを伝え切れていないことが多いです。

結果として、自分への負担が大きくなる→失敗する→怒られる

このサイクルを繰り返していました(笑)


どーの先生
どーの先生
こっちがあれしてください。と伝える前に、自分たちで考えて行動しろよ!っと思っていたのは内緒です(笑)


この経験をいかして今年を頑張っていきたいと考えています。

 自己決定の少なさ


次は、自己決定の少なさについて話していきます。

下っ端平社員なので上司の判断を待たないといけないんですけどね(笑)

自分に任された仕事で自分にしかできないことは良いんですけど、イベントの企画や運営方法などの最終決定権をどこに求めていいのが曖昧で失敗することが多くありました。

今年からはイベントを企画したときは、自分が責任を持って最後までやりきることを頭の中に入れておきたいなと考えています。

そうすることで、失敗は少し減る気がしています(笑)

だけど負担は増えるので、仕事の効率化を図っていきたいと考えています。

どーの先生
どーの先生
今まで以上に自分の仕事を、人に振っていきたいなと考えています。

 予想力の未熟さ


最後は予想力の未熟さについて話していこうと思います。

私はポジティブ過ぎる人間なので、基本的に成功することしか頭の中にありません(笑)

なので、リスクに対する予測力の未熟さが顕著に出てしまいます。

具体的には、これぐらいでなんとかなるだろう。とかここまでしていたら成功するだろう。

と言った具合になってしまいます。

こうならないようにするために、前々から予定を立てて、先の見通しを立てることをしていきたいなと考えています。

どーの先生
どーの先生
ぶっちゃけ怒られた内容って言うのは、ここが9割くらいです(笑)


ポジティブ思考についてはことらよりご覧ください♪

保育士3年目の目標・心情

目標


以上の観点から3年目の目標・心情をズバリ話していこうと思います。

3年目の目標・心情

①仕事・作業の更なる効率化

②質の高い保育をすること

③自分の武器をさらに磨く


今年は会社にも視点を置き、保育の質の向上を目標に掲げています。

そして、人の上に立つことを学び、自分のスキルアップにもつなげたいと考えています。

結構な野心家ですがこんな感じで頑張っていきます。


まとめ

まとめ


最後に本題のまとめを行っていきましょう。

2年目の振り返りから改善しなければいけない点は以下の通り。

改善点


・職員ともっと連携を取ること

・最後まで責任を持って物事に取り組むこと

・危険なこと・最悪の事態を想定すること


ここに焦点を当てつつ、3年目も頑張っていきます。

どーの先生
どーの先生
体を壊さない程度に、コツコツ積み上げていきます。


最後まで見ていただきありがとうございました。



保育士ランキング


ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。