車の維持費を節約する方法

タイムズのカーシェアリングを利用して豊かに暮らす方法

タイムズカーシェア
悩みのある人
悩みのある人
車の維持費が高くて、生活に余裕が持てないな・・・。

車の維持費を安く抑えて、余裕のある生活が送れるようになりたい。

とは言え、お買い物やお出かけの時には車を使いたいな・・・。

そんな、都合の良いサービスはないかな?

 

こういった車の維持費の問題について、お答えしていきます。

 

この記事を読むことで分かること

・タイムズのカーシェアリングについて

・車の維持費を安く抑える方法

・豊かな生活を送る方法

 

とは言え、いきなりこのようなことを言われても怪しまれてしまいます。

なので、簡単に自己紹介をしていきます。

 

この記事の筆者

・どーの先生(現役保育士)

・タイムズカーシェアリング歴4年

・タイムズクラブプレミアム会員

・TCPプログラムステージ3

 

このような経験をしており、安月給でも一児の父親として、家族を養っています。

この情報を参考に、家計改善に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

前書きはこれくらいにして、早速本題に入っていきましょう。

 

タイムズカーシェアリングとは?

タイムズカーシェアリング

まずは、簡単にカーシェアリングについて説明します。

「必要な時に自由にクルマを使える」。それがタイムズカーシェアの考えるカーシェアリングです。

タイムズより引用

 

この説明文にある「必要なときに自由に車を使える」とは、どのようなときなのでしょうか?

 

例えば以下のような時が考えられます。

・買い物に行きたいとき

・家族とお出かけに行きたいとき

・友達と遊びに行くとき

 

 

買い物にかかる時間は、数十分くらいです。

また、お出かけや遊びに行くとなると、何十時間も車を使用することになります。

 

タイムズカーシェアリングでは、

・ちょっと使いたい

・長時間使いたい

 

などのニーズに合わせた料金設定をしており、非常に使い勝手が良いのです。

また、タイムズカーシェアリングは様々な場所に車があるため、使いたいときに、使いたい場所から車を借りることができます。

 

タイムズカーシェアリングを使ったら生活が豊かになる理由

タイムズカーシェアリング 豊かになる 理由

ここからは、自分の体験談を元にカーシェアリングを使うとどうして生活が豊かになるのかをみていきます。

 

車を維持するのにかかる費用は、ざっくりと下記のようになります。

・駐車場代

・ガソリン代

・自動車保険(任意保険・自賠責保険含む)

・車検代

・自動車税

 

結論から言うと、これらの費用が劇的に減少します。

では実際にこれらの費用がどのように変わっていくのかみていくことにしましょう。

 

駐車場代が無くなる

駐車場代が無くなる

マイカーを持っている場合、駐車場代が月に1万円~2万円くらいかかります。

しかし、タイムズのカーシェアリングを使用した場合は、駐車場代が0円です。

 

どーの先生
どーの先生
車を持っていないので、当然ですよね。

 

単純計算ですが、月々1~2万円のお金が自由に使えるようになります

1年間で換算すると、12~24万円くらいが自由に使えるようになるのです。

この金額があれば、1年に1回は旅行に行けますよ。

 

どーの先生
どーの先生
駐車場代を支払うのが馬鹿になってしまいますね。

 

ガソリン代が無くなる

ガソリン代がなくなる

私が軽自動車を保有しているときは、月に3,000円程度のガソリン代がかかっていました。

しかし、タイムズの場合は、月々のガソリン代が0円です

※厳密には、利用料にガソリン代も含まれています。

 

単純計算になりますが、月々3,000円のお金が自由に使えるようになります。

子どものおもちゃを買ったり、おやつを買ったりして、自分の満足感を高めることができます。

 

自動車保険(任意保険)が減る

自動車保険がなくなる

日本人は、もしものときに備え自動車保険に入っている人がほとんどです。

下記のデータは、それを裏付ける証明になります。

 

自動車保険加入率(対人賠償の普及率)
2012年度 86.9%
2013年度 87.1%
2014年度 87.3%
2015年度 87.6%
2016年度 87.8%
2017年度 87.9%

インズウェブ参照

 

自動車保険は、年齢が若いほど、自動車を使う頻度が高いほど料金が高くなる傾向があります。

参考までに私が月々支払っていた料金を紹介します。

 

車両保険ありの場合

年間21万円

 

車両保険がない場合

年間8万円

 

 

車両保険を付けている場合では、年間21万円もの節約になります。

 

どーの先生
どーの先生
このお金があれば1年に1回は、海外旅行に行けますよ・・・。

 

また、車両保険がない場合でも年間8万円ほどの節約になり、生活がかなり豊かなものになります。

 

車検代が無くなる

車検代がなくなる

道路運送車両法によって、日本国内の車は自動車検査(車検)を受けることが定められています。

車検を受ける期間は、下記のように定められています。

 

・自家用乗用車(新車)

➤ 購入から3年(以降2年ごと)

 

・自家用乗用車(中古車)

➤ 購入から2年(以降2年ごと)

 

車検を受けると、自動車重量税の支払い自賠責保険料の支払い業者の作業工賃などで高額な費用を請求されます。

 

どーの先生
どーの先生
私の場合は、10万円前後を支払っていました。

 

しかし、タイムズカーシェアリングを利用した場合は、車検費用もかかりません。

また、車検を受けるための電話予約やお店への来店もなくすこともできます。

つまり、お金と時間の両方を節約することができるのです。

 

自動車税が無くなる

自動車税がなくなる

自動車税とは、都道府県に納める税金のことです。

自動車税自動車重量税は違う税金です。

どちらも必ず支払うことになります。

 

自動車税は、年に1回、4月頃に納税通知書と一緒に送られてきます。

車の排気量によって納める金額が異なるのが特徴です。

参考までに自動車税の金額を紹介します。

 

用途区分 総排気量 税額(自家用) 税額(営業用)
乗用車 1,000cc以下 29,500円 7,500円
1,000cc超1,500cc以下 34,500円 8,500円
1,500cc超2,000cc以下 39,500円 9,500円
2,000cc超2,500cc以下 45,000円 13,800円
2,500cc超3,000cc以下 51,000円 15,700円
3,000cc超3,500cc以下 58,000円 17,900円
3,500cc超4,000cc以下 66,500円 20,500円
4,000cc超4,500cc以下 76,500円 23,600円
4,500cc超6,000cc以下 88,000円 27,200円
6,000cc超 111,000円 40,700円
軽自動車 一律 10,800円 6,900円

 

 

税金額が一番軽い軽自動車の場合でも、毎年1万円程度の税金がかかります。

しかし、タイムズカーシェアを利用すれば、自動車税が課せられることはありません。

 

 

どーの先生
どーの先生
以上の結果を踏まえ、車を維持するためにどれだけのお金がかかるのか理解できましたか?

 

タイムズカーシェアリングの利用料

タイムズカーシェアリング 利用料金

自家用車を持たないことで、年間数十万円の節約ができることが分かりました。

しかし、タイムズカーシェアリングはどれくらいの利用料がかかるのでしょうか?

利用料と照らし合わせて見ていくことにしましょう。

 

ベーシック ミドル プレミアム
時間料金 220円/15分 330円/15分 440円/15分
最大時間料金 6時間 4,290円 6,490円 8,690円
12時間 6,490円 8,690円 13,090円
24時間 8,690円 11,990円 18,590円
36時間 11,990円 16,390円 25,190円
48時間 14,190円 19,690円 30,690円
72時間 20,240円 28,490円 43,890円
 

ナイトパック

(18:00~翌日9:00まで)

2,640円 3,960円 5,280円
距離料金 16円/㎞

・時間料金:6時間以上ご利用で利用開始時からの走行距離に対して課金

・ナイトパック:利用開始時からの走行距離に対して課金

タイムズカーシェアリング参照

※ベーシック、ミドル、プレミアムの違いについては、車種が参考になります。

他のことについてもっと詳しく知りたい方は、タイムズカーシェアリングを参考にどうぞ。

 

表だけみてもイマイチ理解できないと思うので、我が家の実体例を出しつつ、話を進めていきます。

 

タイムズカーシェアリング利用前の車代

タイムズカーシェアリングを利用前は、次のように車代がかかっていました。

 

月々に支払う金額は、19,700円でした。

内約は下記の通り。

・駐車場代 ➤ 10,000円

・ガソリン代 ➤ 3,000円

・車両保険代 ➤ 6,700円

 

これを1年に換算すると、236,400円になります。恐ろしいですね。

 

年間で支払う金額は、10,800円です。

内約は下記の通り。

・軽自動車税 ➤ 10,800円

 

 

2年に1回支払う金額は、約100,000円です。

内約は下記の通り。

・車検 ➤ 約10万円

 

1年間に換算すると、約50,000円と言うことになります。

 

以上を踏まえて、車にかかる1年間の利用料を計算すると、約300,000円だと言うことが分かります。

 

タイムズカーシェアリング利用後の車代

では、年間約300,000円もの大金を支払っていた家計からどのような改善を見せるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

2019年度のタイムズ使用履歴がこちら。

 

主な使用方法は買い物で、2時間程度の移動をメインに使っていました。

 

この結果から分かることは、次の通りです。

 

・月々の車代は、約7,200円

・年間の車代は、85,474円

 

自家用車を持っているときと比べて見ます。

月間の支払いでは、12,000円もの節約になりました。

 

一方で、車検代や自動車税などの支払いを込みにした年間支払いでは、210,000円もの節約に成功しました。

 

スマホ1つで予約ができ、年間で210,000円もの節約ができるのは、かなり魅力的ではありませんか?

 

タイムズのカーシェアリングを賢く活用しましょう

タイムズカーシェアリング 賢く使う

いかがでしたでしょうか?

我が家では、タイムズのカーシェアリングを利用して、約210,000円の節約に成功しました。

 

そのお金は、外食費用に回したり、旅行用に貯金したりしています。

さらに無理して節約しているわけではないので、ストレスも溜まりません。

 

自宅に車がないのは不便・・・。

 

このように感じる人も少なくないと思います。

 

しかし、あなたは毎日車を乗りますか?

車との距離感を見つめ直し、賢く生活を豊かにしませんか?

 

車を持たない生活は以外に快適なものですよ。

 

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いています。最近、子どもが生まれまして、ベビーマッサージの資格を生かし、妻と子どもと楽しく暮らしています。子育てやベビーマッサージの楽しさについて知っていただき、子どもが健やかに成長できるようにサポートしたいと考えています。