子育て・保育

【保育実習】 施設実習で備えておくべきこと 【重心施設】

こんにちは。現役保育士のどーの先生(@保育士ブロガー)です。

当サイトを見ていただきありがとうございます。

本記事を見てくれていると言うことは、このようなことでお悩みではないでしょうか?

・保育実習を成功させたい

・重心施設がどのようなところか知りたい

・どのような子どもが来ているのか知りたい

多分上記のことが気になっていることでしょう。

どーの先生
どーの先生
今回はこのような悩みを解決していこうと思います。

早速今回の結論。今回覚えてもらいたいことは2つあります。

・音楽やリラックスできる設定を準備するといい

・障がいについて勉強をした方がいい

これだけでは説明として不十分なので、詳しく解説していきます。

とは言えお前誰だよ。と反論が来そうなので簡単に自己紹介をします。

どーの先生とは

・保育士歴3年目

・施設実習は重心施設でたくさん経験を積んだ

・今も障がい児にかかわる仕事をしている

・2年間で50人以上の発達障がいの子どもたちと関わっている

このような経験をしてきましたので、少しは皆さんのお役に立てると思っています。

では、今回の結論である2つのことについて説明していきます。

施設実習で備えておきたいことは下記の2つだけ

繰り返しになりますが、今回の主張をおさらいします。

・音楽やリラックスできる設定を準備するといい

・障がいについて勉強をした方がいい

私が今までの経験から、抑えておきたいと感じていることは、上記の2つだけです。

理由は簡単でして、下記のことから説明することができます。

・製作や体を動かす活動は、実習生だとレベルが高すぎる

・音楽はどの年代の子どもにも通用する

・障がいについての勉強をしておかないと、実習中に大変なことになる

これは過去の実習での体験や、現在の経験からわかるものです。

どーの先生
どーの先生
これだけでは、話を理解しにくいと思うので具体例を出しつつ、話を深掘りしていきます。

施設実習の時に、ピアノを弾いたレクリエーションで成功を収めた話

自慢ではないですが、私が施設実習でもらった評価はA判定(最高得点)でした。

どうしてA判定をもらうことができたのか。理由は簡単で、ピアノのスキルを高めたからです。

ピアノって、保育士なら一見誰でもできそうに思われがちですが実はそうではありません。詳しくは下記を参考にどうぞ。

私自身現在もピアノを弾いていますが、「うまいね」と言われるくらいのスキルはないですし、学生時代もなかったです。

この程度のレベルでも、真剣に打ち込んで、努力している姿が見られたなら、人の心を動かすということです。

幼児の歌でもレクの内容が楽しければ、盛り上がります

もう少し話を深掘りしていきます。

では、どのような曲を弾けばいいのでしょうか?

答えは、季節に合った曲を弾いて、鈴などの楽器をもって演奏するです。

すごく簡単ではないですか?夏なら【かえるのうた】が簡単でおすすめ。難しい曲だと【あめふりくまのこ】でしょうか?

ピアノで弾き歌いをしながら、ほかの職員に手伝ってもらいます。子どもと一緒に演奏していただけますか?

と丁寧に伝えると、協力してくれます。

どーの先生
どーの先生
私が実際に購入して使っている鈴です。人数分あるのが好ましいですが、交代で使っても全然大丈夫。

2年間使っていますが、子どもたちが乱暴に扱ってもどこも壊れていませんし、今でもよく使っています。

実習中に呼吸が止まりそうになった子どもの話

私が施設実習をしたときに実際に体験した話で、呼吸器をつけている子どもの気管に唾液が入り、呼吸ができなくなるという事件がありました。

幸い、私が素早く異変に気付き、すぐに報告したので何とか助かった命でしたが、発見が遅かった場合はどうなったのか分かりません。

私はこのような経験から、人の助けを本当に必要としている人は世の中にたくさんいるんだと感じ、障がい福祉の世界に足を踏み入れるきっかけをつかみました。

とは言え、簡単な仕事ではなくて、いろいろな特性を知らなければいけなかったり、苦労はたくさんありました。

1年目はけちょんけちょんにされて、正直精神的にも参ってました。

だけど、たくさん努力をして子どもたちに歩み寄ることで、成長していき、今ではとても楽しく働くことができています。

どーの先生
どーの先生
多分私は実習の経験がなければ、今の仕事をしていることはなかったと思います。

施設はほんとに何が起こるのかわかりません。どんなことが起こってもいいように対応策を持っていた方がいいですよ。

このような反対意見にお答えしていきます

このような話をすると以下のような反対意見が聞かれると思いますので、この件についてお答えしていきます。

考えられる反対意見

・ピアノが苦手です

・人の生死にかかわるような経験をするのはごく一部

上記の件について、解説していきます。

ピアノ苦手です。

私は今でこそピアノを弾くことができていますが、最初は全く弾けませんでした。

専門学校からピアノを始めたので、今でも大したレベルではありません。だけど、子どもたちはいつも楽しそうに聞いてくれたり、歌ってくれたりします。

何が言いたいのかというと、うまい下手は関係なくて、気持ちがこもっていれば相手に伝わるということです。

重心の子どもたちは、心が豊かです。こちらの行動に対する気持ちを読み取る力も強く、圧程度のことは理解しています。

なので、どれだけ下手でも気持ちは必ず伝わるので諦めずに、どんどん挑戦しましょう。

どーの先生
どーの先生
私も最初は間違えまくりでしたが、何度も繰り返し行うことで、それなりのレベルにまでなりました。

つまり、続けることが一番大切。

人の生死にかかわるような経験をするのはごく一部

これに関しては本当におっしゃる通りだと思います。自分はかなりまれなケースだったのかもしれません。

ですがそうかもしれませんが、もしその現場に直面した時に貴方はどうしますか?

知識がないから命を救えませんでしたというのですか?それはかなり無責任な話ですよね?

保育士を目指している人の大半は、保育園で働きたいと思っている人ばかりだと思います。

そんなことはわかっていますが、ほいくしにもとめられているスキルは、保育園のスキルだけではありません。

子どもと関わるプロとしての自覚を持ち、どのような環境に置かれても対応できるスキルを身に付けなければいけないです。

どーの先生
どーの先生
私は、自分の苦手なことに一生懸命取り組むことができない保育士になりたくないし、自分の子どもを預けたいと思いません。

常に子供の模範となれるような行動を心がけています。

まとめ

重心施設での実習では、色々な不測の事態が想定されます。

しかし、以下の2つを抑えていれば安心して実習に取り組めるとともに、高い評価を得ることができます。

・音楽やリラックスできる設定を準備するといい

・障がいについて勉強をした方がいい

上記のポイントを抑えることで高い評価を得られたり、内定につながることもあるので気を引き締めて取り組んだ方がいいと感じています。

しかし、どう対応していいのかわからない、こんな時はどうするの?など、いろいろな不安があると思います。

その場面での対応は子どもによって違うので、担当の先生にしっかりと聞きましょう。

重心の子どもと関わる機会って言うのはかなり少なく、自分の人生の糧にもなります。

どーの先生
どーの先生
この経験を生かした活動を続けることもいいかもしれませんね。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
どーの先生
どーの先生
こんにちは。現役保育士のどーの先生です。保育士をしながらブログを書いたり、FX投資をしています。夢は海外に飛び立ち、嫁と子どもと一緒にまったりと暮らすこと。その為に、FXやブログなどの自分で稼ぐスキルを磨いています。FX投資では1年で70万円を100万円に増やすことに成功しており、今はブログに力を入れています。